新着投稿

本日よく読まれている記事

よく読まれている混雑予想

2017年からTDSハーバーショーへ一部入れ替え制&抽選が導入。メリット・デメリットと狙いは?

2017年6月1日から、ディズニーシーの春限定ハーバーショー“ファッショナブル・イースター”が一部入れ替え制になりました。

イースターの期間が2017年4月4日(火)~2017年6月14日(水)でしたので、ラスト2週間に導入されましたが皆さんどうでしたか?

また、2017年7月11日から始まる夏限定ハーバーショー”パイレーツ・サマーバトル<ゲット・ウェット!>”には抽選が導入されることが発表されましたね。

今までも、「入れ替え制や抽選にした方がいい」との声がありましたが、観覧エリアが広く管理が難しいなどの点からなかなか難しいようでした。

  • 何故このタイミングなの?
  • これからも入れ替え制や抽選が続くの?
  • そもそも入れ替え制って何?
  • 入れ替えと抽選をどうして使い分けてるの?

などなど、気になるところをまとめていきます!

TDSハーバーショーの鑑賞スポット

出典:Instagram

ファッショナブルイースターは、メディテレーニアンハーバーの海が会場でした。その為ゲストは海を取り囲むように、360度どこからでもショーを見ることができますが、

  • 真正面に位置しするメインステージ「ミキ広(ミッキー広場)」
  • 大きくハーバーに突出する左手のスポット「リドアイル」
  • 右手のスポット「ザンビ前」

この3つがファンの間では略称でよばれることが多く、場所取りをする人が多いのです。大きなカメラや三脚を持っている方がよくこの周辺に陣取っているのを見かけたことがありますよね。

入れ替え制になったのはミッキー広場の座り見エリア、立ち見エリアは入れ替えなし

今回はそのなかでも、人がよく集まるミッキー広場の前方座り見エリアに入れ替え制が導入されました。

ミッキー広場は上の画像のように、ミラコスタを通り過ぎたすぐの開けた場所になります。

ただし、すぐ後ろの立ち見エリアは入れ替え無しです。

初回公演後にとるべき行動は色々ありそう

初回公演が終わると、ミッキー広場の前方に座っていた方たちは移動を促されますね。

入れ替わりたくない場合や2回目公演をいい場所で鑑賞したい場合は、あえて立ち見最前列にいるか、座り見エリアの入れ替え範囲ぎりぎりに座っておくのがよさそうです。

いずれにせよ鑑賞エリア内はそれなりに人の移動があるので、より多くの人がショーを楽しむことができるでしょう。

混雑するラストに向けて入れ替え制に

2015年のクリスマスもそうでしたが、イベントが始まってしばらくは通常通り早い者勝ちでも、最後の方になると入れ替え制を導入している事がありました。

ハーバーショーは見る場所によって印象が違いますし、何度見ても楽しめるんですよね。終わればまた1年間見れなくなってしまうので、ラスト日が近づくと寂しくなってしまうものです。

みんな最後にもう一度みたいという気持ちがあるので、一度落ち着きますが、ラスト日まで10日前あたりからまた混雑しだします見納めで最後はみんな必死になるので、対策を取るようになったのだと思います。

2017年夏「パイレーツ・サマーバトル”ゲット・ウェット!”」はずぶ濡れエリアが抽選に。


出典:東京ディズニーリゾート公式サイト

夏のずぶ濡れ放水ハーバーショー・パイレーツサマーバトルは抽選になります。

初回公演を除いて実施されますが、地図をみると特に放水量の多い特別エリアを中心に抽選になるようですね。

「ずぶ濡れ特別エリア」が明示されたのは2017年が初めてなので、予想以上に混みあう可能性を考えて抽選を導入したと思われます。

【パイレーツ・サマーバトル・ゲットウェット!】2017夏TDSで公演決定!
今年のディズニーシー夏イベントは、海賊たちをモチーフにした新規イベントにチェンジ! 海での迫力...

記事を読む

入れ替え制と抽選の違いと狙いは?

入れ替え制になったり、抽選になったり、そもそも入れ替えも抽選もないハーバーショーもありますが、どういう基準で導入されているのか気になりますよね。

これまでの流れをみていると、オリエンタルランドは基本的に入れ替えも抽選も導入したくないようです。

入れ替えや抽選を維持するのは大変

開けた場所でゲストを誘導するのは大変ですし、トラブルも起きやすいのでキャストの負担は増えます。人員も余計に配置しないといけないため、コストがかかります。

具体的には、

  • 対象エリアをどのように確認・管理するか
  • 待機列をつくる場所の確保、担当キャストの確保

などが挙げられます。

もし今後対象エリアが広くなれば、キャストの人員不足問題もありますし、目を盗んでズルをする人もでてきそうです。

固定の椅子が用意されているわけではないですし、通路と一体になっている場所を管理するのは思っている以上に大変なんですよね。

今はお試し期間のような感じで問題点を探りつつ、これから徐々に変化していくと思います。

先着順のメリットもある

またラーメン屋のように、早い者勝ちにしておくとそれだけで行列ができるので「めっちゃ並んでるけどそれでも鑑賞したいショー」として人気を演出できる効果もあります。入園者や売上増加が期待できる、費用のかからない広告的な意味合いもあるんですね。

実際、ファッショナブルイースターが入れ替え制になったのはラスト2週間ですが、一番混雑するのは間違いなく初日で、本来なら開始直後を入れ替え制にするべきです。

ですが、もし初日の特等席が全席抽選になってしまったらどうでしょうか?

間違いなく大ブーイングになりますし、来場者は激減してしまうでしょう。

個人的には今のまま、ゲストの不満と経営をうまくバランスをとってくれたらいいな、と感じています。

混雑が予想される場合は入れ替え or 抽選実施?

そのため今後も全てのショーで入れ替え制と抽選が実施されることはなさそうですね。

実際、ファッショナブルイースターとパイレーツサマーバトルの間に開催される、七夕グリーティングでは入れ替えも抽選もありません。

  • そこそこ混雑が予想 > 入れ替え制
  • めちゃくちゃ混雑が予想 > 抽選制

という感じでしょうか。特に暑い夏場の放水ショーのずぶ濡れエリアは人気が高く、最前列で見たい方は激増するでしょうから、今後の夏のハーバーショーでは抽選が定着するのかもしれませんね。

【七夕グリーティング】ディズニー七夕デイズ2017の限定パレード&フォトロケ&デコ!
星に願いをかける七夕! ディズニーランド、ディズニーシーでは2017年6月15日~7月7日の間...

記事を読む

平等に最前列で見て貰えるように

出典:Instagram

「何故入れ替え制にしないのか?」「早く入れ替え制にしてほしい!」そんな声が多々ありましたが、ようやく今回の導入になりました。

ディズニーホテル宿泊者には、開園15分前から入園できるハッピー15エントリー特典があります。これを利用すると、ほとんど競争することなく最前列に場所取りをすることができます。

ということは、普通に入る時間には既にミッキー広場の最前列は埋まっている状態です。それから開園時間になりあっという間に立ち見エリアも2、3列できてしまいます。

特にファンは良い席が取れたら動きたくないので、一日中その場所を取っている可能性が高いです。

そんな状況があるので、1回目を後ろの方で見た人も途中から来た人でも平等に最前列を取れるようになるという点でこの入れ替え制はとても良いと思います。

マナーを守らない人も減りそう?

なかなか減らないいわゆる“徹夜勢”

最前列でショーやパレードを見る為に、禁止とされている徹夜行為をして早く入園しようとする人たちのことです。

今までは早く行けば行くだけ良い席が取れていたので、最後の方だけでも入れ替え制にすることで徹夜する人が少なくなればいいと思います。

ルールを守っている人が報われないですし、何より徹夜は体に悪いですからね!

ディズニーランド&シーの迷惑行為ランキングTOP5!あなたは大丈夫?
日常生活を忘れて楽しめるディズニー。 日ごろのストレスの発散する場所にしたりと楽しみ方は人それ...

記事を読む

さいごに

出典:instagram

以前から最前列から動かないゲストがいることへの不満は、当然オリエンタルランドも気にしているはずです。

また今まで最前列を取れていた方にしてみれば、急に入れ替え制が導入されたら納得いかないところもあるでしょう。

これからどういう方向にすすんでいくのか、引き続き注目したいですね!