新着投稿

本日よく読まれている記事

よく読まれている混雑予想

仮装期間やメイク&禁止ルール!ディズニーハロウィーン2017で人気コスプレしたい人は必読!

ディズニーランドでハロウィンイベントが始まって20周年となる2017年。

記念すべきアニバーサリーに何かありそう…と考えていましたが、想像の斜め上を行くイベントが発表されました。

なんと…“ハロウィン期間は毎日フル仮装オッケー”!

みなさん思わず「え!?」と笑ってしまったのではないでしょうか?今まではハロウィン期間の始めと終わり1週間だけ可能でしたが、それが今年は約2カ月間毎日仮装することができます!

早速予定を立ててる人も初めて挑戦しようと思っている人も、仮装の注意点やポイントを一緒に確認していきましょう♪

じっくり撮影したい人は平日に行こう

出典:Instagram

仮装期間にインパした方はご存知だと思いますが、更衣室も人気の場所もとても混雑します。

今までは仮装したい人たちがたった2週間の間に集まっていたので、更衣室に入るまでに何時間も待つことがありましたし、シンデレラ城前など人気のスポットは撮影待ちで大混雑です。

しかし今回は約2カ月間もあるので、仮装する人がばらけると思います。凝った写真を撮りたい方は、人が少なめの平日にインパすると良いかもしれませんね♪

開催期間:2017/9/8~10/31

キャラクターとダンサー以外の仮装はNG

ⒸDisney

Q,仮装はどんな格好してもいいの?
A,いいえ。以下の3つに当てはまるキャラクターのみ可能です。

  1. ➀ディズニー映画・番組(実写を含む)、ゲームに登場するディズニーキャラクター
  2. ②東京ディズニーランド&シーに登場するディズニーキャラクター
  3. ➂東京ディズニーランド&シーでのパレード・ショーなどに出演するダンサーや出演者

ただし、“パークで会えるキャラクター”も“パークにいないキャラクター”も仮装可能なのです!

「好きなディズニーキャラがいるけどパークには出てこない…仮装しても大丈夫かな…?」という方でも大丈夫です♪

過度なメイクは入園を断られてしまう

出典:Instagram
仮装となるとメイクにも気合いが入ると思います。フェイスマスクと同様、顔が分からなくなってしまうほどのメイクはNGなので注意です。

せっかく時間をかけてしたメイクを注意されて落とさないといけなくなった…なんてことにならないように確認しておきましょう!

顔全体の注意点

  • 全体的に肌の色と違う色や、濃い色を塗る
  • 血や傷跡を描く
  • 血のりや、傷跡などのシールを付ける

プーさんになりきる為に顔を黄色く塗る…なんてことはしてはいけませんよ(笑)

口元の注意点

出典:Instagram

  • 口元全体にひげを描く・付ける

ジャックス・パロウ、フック船長など部分的に髭を描いたり付けたりする行為はOKです!イメージとしては、サンタさんのように口元全体を覆うものが禁止です。

顔に付ける装飾品の注意点

  • お面、つけ鼻、ゴムマスクの着用

例えば、ジャックやおばけになりきる為にマスクを被るなどです。

持ち込むことができないアイテムがある

せっかくなら小道具を持って写真を撮りたいところですが、物によっては入園時に「パークでの使用はお控えください」と注意される物もあります。

ちなみに、ショー鑑賞時・アトラクションに乗る時・商品や飲食施設でアイテムの使用は禁止です。

長めの棒や杖

出典:Instagram

スティックを持っているキャラクターや、アイテムを持っているダンサーの仮装をする時は長すぎないように注意しましょう。

他のゲストがつまずいてしまったり、ケガをしてしまったりといったトラブルを防止する為に、大きさは“手荷物(幅60cm×高さ50cm×奥行25cmのバッグ等)の中に入るサイズ”のものまでになっています。

50㎝までであれば大丈夫なので、魔法の杖など範囲内で楽しみましょう♪

危険物(ナイフ、モデルガン、花火等)

ナイフやモデルガンは、持って写真を撮ったら確かにかっこいいですが、小さい子が怖がってしまうので持ち込み不可になっています。

自分のせいで小さい子の楽しい気持ちが台無しになってしまうのは悲しいですからね。

先がとがっていないものや明らかに玩具であることが分かるものであれば持ち込みOKなので、器用な人は自作してみるのも楽しそうです☆

見ている人が不快に思う恰好はやめましょう

出典:Instagram

いくら仮装期間といえど、夢の国なので雰囲気を壊してしまうような恰好は控えた方が良いですね!

  • お腹を出したり露出が多い恰好
  • 裾が長い衣装
  • 全身タイツ

などが禁止です。

自分がインパした時に、目の前の人がお腹を出していたり裾の長い衣装を着ている人がいたら、目のやり場に困ってしまいますし「踏みそう…邪魔だな…」という気持ちになると思います。

自分だけでなく多くの人が遊びに来ている場所ということを忘れずに♪

おわりに

今回のことで色々な考えがありますが、混雑が分散されたり初めての人でも挑戦しやすくなったりで、楽しいハロウィン20周年になりそうです☆

更衣室の場所やシステムが変わるのかなど、まだ公開されていない情報もあるので気が早いですが、みなさんの仮装の写真を楽しみにしています!