新着投稿

本日よく読まれている記事

よく読まれている混雑予想

【TDS】パイレーツサマーバトル・ゲットウェット!のおすすめ鑑賞場所とポイントは?

ディズニーシーでは2017年7月11日から8月31日の期間中、迫力満点のショー「パイレーツ・サマーバトル“ゲット・ウェット!”」が1日3回公演されています。

海賊たちがメディテレーニアンハーバーを占拠し、ゲスト達に大量の水をかけてくる夏にぴったりなエンターテイメントショーですよ。また、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズで人気の高いキャプテン・ジャック・スパロウやバルボッサといったキャラクターが登場しますから、ファンにとっては必見!残念ながらディズニーキャラクターは登場しませんが、映画のようなスリルと迫力を楽しむことができます。

【あらすじ感想】パイレーツ・オブ・カリビアン5最後の海賊のネタバレ・キャスト・見どころ
2017年7月1日に6年ぶりに5作目となる新作「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」が公開され...

記事を読む

夏のディズニーシーをハイテンションに楽しめるずぶ濡れショー、ゲットウェットは非常に人気が高い!鑑賞場所やポイントを事前に予習して、現地で慌てないように計画をたてておいたほうが良いでしょう。何回もショーをチェックした筆者が、皆様におすすめの攻略方法をお伝えします☆

どうすれば鑑賞できる?

ゲットウェットは1日3回( 9:35 / 11:45 / 14:45 )公演されるエンターテイメントショーです。2回目以降の、11時45分の回と14時45分の回は抽選が必要なので注意してください。メディテレーニアンハーバー全域で行われるショーなので、もし抽選から外れてしまっても抽選席以外から鑑賞することは簡単ですが、できれば抽選なしの初回公演で鑑賞することを計画したほうが良いでしょう。

初回公演であれば好きなところで場所取りができますし、ずぶ濡れになった衣服を日中の日差しで乾かせます♪何よりも、朝からテンションを上げて夏のディズニーシーを満喫できるのが良いですよ!

抽選はスマートフォンの公式アプリ、あるいは地図上のオレンジ色の印がついた場所で、1日1回だけ行うことができます。

目的にあわせて鑑賞場所を厳選しよう

とにかくがっつり濡れたい!そんな方は場所がとりやすいザンビ前。

ザンビ前、とはレストランのザンビーニ・ブラザーズ・リストランテの前にあるハーバー沿いを指します。ショー全体を鑑賞しやすく、海賊たちの水がしっかりとかかるバランスの良いエリア。場所取りをあまり頑張りすぎず、ゲットウェットを体験したいという方におすすめです♪ちなみに、ザンビ前付近ではジャックが近くまで来てくれますよ!

がっつり濡れつつも、しっかりショーの内容とキャラクターの動きを把握したい。そんな方は、マニアには外せないリドアイルとミッキー広場で。

初回公演での場所取りは開園同時にでなければ難しいですが、抽選に当たったのであればミッキー広場とリドアイルは超当たり席といえます。ミッキー広場にはジャックとバルボッサが、リドアイル付近にはバルボッサが近くまで来てくれますし、海賊たちがしっかりと水をかけてきてくれます。

ただし、リドアイルで鑑賞するにあたって2点だけ注意したい点があります。1点目は、リドアイル全域が抽選エリアだということ。2点目は、意外と濡れない場所がある、ということ。公式のマップでは、ずぶ濡れ表示がMAXを指す赤になっていますが、リドアイルの中央は水があまり届きません。ステージ前方と後方には「水責めか」というほど水が届くのですが、リドアイルの中央に水が届くかどうかは、風向きと海賊のテンション次第といえます。

濡れるのは少しだけでいい。ショーの内容やキャラクターが見たい。そんな方はミッキー広場からザンビ前の後方にいよう。

あまり濡れたくない方は、ハーバー沿いからできるだけ離れて鑑賞すると良いでしょう。念のため、貴重品や電子機器はビニール袋やショップでもらえるお土産袋で防水すると安心ですよ。公式で表示されているマップの、黄色表示エリアでも意外と濡れますから様子を見ながら鑑賞することをおすすめします。

ぜったいに濡れたくない!でもショーは楽しみたい!そんな方は穴場のフォートレス(要塞)

ショーを後ろ側から鑑賞することにはなりますが、フォートレスからの鑑賞なら水に濡れることなく、ショーを全体的に見渡せますよ♪運が良ければ、海賊たちやジャックに手を振ってもらえるかも。

ゲットウェット!を鑑賞するなら覚えたいポイント

電子機器の防水対策はしっかりと。カメラで撮影するなら事前に対策が必要。

ディズニーのずぶ濡れショーとしては過去最高の水量が使用されます。そのため、事前の防水対策が必要になります。もしも「少し濡れるだけでしょ♪」というイメージで現地へ行こうとしているのであれば、そのイメージを捨てましょう。想像以上に濡れます。何も対策をしないと下着から靴まで濡れますから、ご注意を!

とくに、ショーを撮影したい方にとってはカメラの防水対策が必須。防水使用のカメラなら安心ですが、専用アクセサリーやビニールを活用した防水対策を忘れないようにしましょう☆

レインコートを着るより、パークで販売されているポンチョを着よう。

公演中、日傘や雨傘はさせません。防水したいのであれば、レインコートかポンチョの使用が公式で薦められていますが、筆者のおすすめはパークで発売されているポンチョ!というのも、カッパはボタンの隙間から水が浸入してしまいがちだからです。ポンチョはパイレーツサマー仕様のデザインが発売されていますから、ぜひ購入しておきたい♪

また、ショー鑑賞後、レストランに行く予定があるならずぶ濡れになるのは我慢しましょう。また、紫外線予防に塗る日焼け止めは防水タイプで!ショーが終了した後に再度塗りなおすと安心です。

【TDS】ディズニー・パイレーツサマー人気グッズお土産20選!海賊バンダナやファッショングラスも
東京ディズニーシーでは、2017年7月11日~8月31日まで、スペシャルイベント「ディズニー・パイレ...

記事を読む

最後に

いかがでしたでしょうか?

ゲットウェットは、パイレーツオブカリビアンシリーズを観ていなくとも楽しめますが、鑑賞済みだからこそ分かる小ネタやジョークがパフォーマンスに含まれています。できればシリーズ作品をチェックしておきたい!とくに、ラストシーンでニヤリとできる演出は必見です。

これからシリーズをチェックするのであれば、1作目~3作目の『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』、『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』、『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』を観れば、ゲットウェットを100%楽しめるはず!