新着投稿

本日よく読まれている記事

よく読まれている混雑予想

2018『ディズニーランド35周年』限定お土産&グッズ・パレード!ミッキーの記念カンバッジやぬいば

2018年4月15日(日)に35周年を迎える東京ディズニーランドでは、アニバーサリーイベント「東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”」を開催。今回は、アニバーサリー感溢れるエンターテイメントや、絶対欲しくなちゃうスペシャルグッズ、35周年を満喫できるホテル情報など、一気にご紹介します!

今から待ちきれない「東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”」しっかり予習して思い切り楽しんじゃいましょう♪

ディズニー『35周年記念オープニングスーン』お土産グッズ全10点!“Happiest Celebration!”を一足早く!
東京ディズニーリゾートでは2018年4月15日~2019年3月25日まで、35周年記念のイベント「H...

記事を読む

目次

ディズニーリゾート35周年『オープニングスーン』スペシャルグッズ

最初にご紹介するのはどれも魅力的な35周年の特別なデザインのグッズたち。メインのカーテンから顔をのぞかせるミッキーのデザインは、その向こうにある楽しげな世界に胸踊らせずにはいられません♪

定番のぬいばから、大人っぽいデザインのグリーティングカードなど、期待高まる35周年グッズを、知っている人には懐かしい、知らない人には驚きの東京ディズニーランド35年の歴史を振り返りながら、ご紹介したいと思います!

これを知ってるだけで、35周年のイベントが35倍楽しめちゃうかも?!

ディズニーランドも最初はシーだった!

©Disney

なにを言ってるんだ?と突っ込まれそうですが、実は東京ディズニーランドができる前まで、あの場所はまさにシー(海)だったんです。埋め立てられた広大な土地に、夢と魔法の詰まったテーマパークができるなんて、当時の写真をみると想像もできません。

ちなみに舞浜という地名は、アメリカ・フロリダ州にあるディズニー・ワールド近くにあるマイアミビーチをもじってつけたもの。

埋め立てられた土地は地震に弱いため、東京ディズニーランドをつくるにあたって、地表から10~15メートルもの深さで地盤を強化する地盤改良工事が行われました。だからこそ、2011年の東日本大震災の時も、駐車場の一部が液状化したものの、パーク内施設はほぼ被害がなかったというわけです。

1, ぬいぐるみバッジ

©Disney

定価:2,400円

サイズ:長さ約16cm

※おひとり様1会計につき、3個までの購入制限あり

35周年を祝うなら絶対に欲しいのが、新パレード「ドリーミング・アップ!」のコスチューム姿がかっこいいミッキーのぬいば。靴の裏に35周年のロゴ入りです♪

2, カンバッジ

©Disney

定価:310円

サイズ:直径約8.5cm

※おひとり様1会計につき、3個までの購入制限あり

カーテンから顔をのぞかせるミッキーと、金色のシンデレラ城が印象的なカンバッジです。

1983年:東京ディズニーランド、グランドオープン!


©Disney

1983年4月15日、東京ディズニーランドがオープンしました。今では想像もできませんが、オープン当初は「パスポート」はゲストの少ない平日のみの販売。当時の価格は3900円でした。

入園とショーが楽しめる「入園券」と、別売りの「ビック10」「アトラクション券」というアトラクションに乗るためのチケットの組み合わせでの販売でした。そのため、今と違って当時のチケットホルダーは縦型だったんですよ。


出典:Instagram

4, ピン ミッキー

©Disney

定価:1,000円

サイズ:縦約4.5×横約5cm

※おひとり様1会計につき、3個までの購入制限あり

四角いデザインのピンは、なんともおしゃれ。どこにつけても似合いそう!

5, バックチャーム

©Disney

定価:1,200円

サイズ:長さ約12cm

※おひとり様1会計につき、3個までの購入制限あり

ゆらゆら揺れるバックチャームは、ミッキーが大きくデザインされていてキュートさ全開♡

1985年:画期的だった夜のパレード・エレクトリカルパレード

1985年3月9日「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード」がスタート。当時は、夜にパレードをやるのはとても画期的なことで、ゲストに大きな驚きと感動を与えました。1995年6月に一度終了しましたが、2001年に大幅にリニューアルした「エレクトリカルパレード・ドリームライツ」がスタートしました。

ちなみに、アナハイムのディズニーランドで行われていた「エレクトリカルパレード」は、1972年から1996年までの24年間という、驚きのロングラン!世界中で愛されているパレードなんですね。

6, ダブルポケットホルダー

©Disney

定価:400円

サイズ:A4

※おひとり様1会計につき、3個までの購入制限あり

びっくりするほどおしゃれなダブルポケットホルダーは、A4サイズが入る使いやすいサイズ。シンプルな線画のシンデレラ城を開くと、カーテンから覗くミッキーデザインが現れます♡

7, グリーティングカード

©Disney

定価:380円

サイズ:
(カード)縦約10×横約15cm
(封筒)縦約11×横約16cm

封筒とシールがついたグリーティングカード。このグリーティングカードで、誰かに特別なお知らせを送りたくなっちゃいますね♪

1988年:京葉線・舞浜駅が開業

1988年の12月、京葉線・舞浜駅が開業します。実はそれまでは、お世辞にもアクセスが良いとは言えない環境で、ゲストもキャストも、パークからはかなり距離のある東西線・浦安駅からバスを利用して、時間をかけてパークへ向かっていました。

舞浜駅ができて、ディズニーランドへのアクセスは劇的に変化したんですね。

8, オムニバス(ディズニー・ビークル・コレクション)

©Disney

定価:1,200円

サイズ:高さ約4×幅約3×長さ約7.5cm

ファンの多いトミカのシリーズも、ディズニーランドのオープンと共にスタートしたアトラクション、オムニバズで登場です。つまりオムニバスも、2018年で35周年なんですよ。屋根はカーテンミッキーデザインです。

1992年:クリッターカントリーがオープン


©Disney

1992年10月1日には、開園以来初めてのエリア拡張で「クリッターカントリー」がオープン!同じ日に「スプラシュマウンテン」がオープンし、この年に3大マウンテンが揃いました。

その四年後の1996年4月15日には、クリッターカントリーに続く新エリア「トゥーンタウン」がオープン。そして現在も、「美女と野獣のエリア」を含む2020年の大規模開発エリアのオープンに向けて準備中!

ウォルト・ディズニーが生前、「ディズニーランドは永遠に完成しない。世界に想像力がある限り、成長し続けるだろう」と語った通りです。

ところで、クリッターカントリーの地面には小動物の足跡がついているのをご存知ですか?

この足跡を追ってゆくと、それぞれの小動物達の家へ向かっています。思いがけないところに小さな扉があったり、小さな釣竿や椅子があったり、更に実は足跡に紛れて隠れミッキーも!ぜひ、探してみてくださいね♪

9, きんちゃく

©Disney

定価:700円

サイズ:縦約23×横約20cm

※おひとり様1会計につき、3個までの購入制限あり

ほどよいサイズのきんちゃくは、小物を入れるのに便利そう!カーテンの下からチラリと見えるあの靴は…♡

10, マグネット

©Disney

定価:750円

サイズ:縦約7.5×横約6cm

※おひとり様1会計につき、3個までの購入制限あり

カーテンミッキーのデザインのなかでも「35」の文字が目立つのが、このマグネット。ミッキーのウィンクする顔もかわいすです。

2000年:ファストパス導入

アトラクション派としては、今ではなくてはならないファストパスが導入されたのが、2000年7月24日。では、初めてファストパスが導入されたのは、どのアトラクションだったのでしょうか?

【ディズニーファストパス徹底攻略】混雑期ランド&シーの効率的な取り方とコツ
ディズニーランド&シーの人気アトラクションを、時間短縮して体験できるファストパスシステム。誰でも無料...

記事を読む

その答えは「ビッグサンダー・マウンテン」!その1週間後には「スペース・マウンテン」にもファストパスが導入されます。更にその1ヶ月後には、「プーさんのハニーハント」や、今ではなくなってしまった「ミクロアドベンチャー」にも導入されました。

11, ステッカー

©Disney

定価:300円

サイズ:縦約6×横約19.5cm

※おひとり様1会計につき、3個までの購入制限あり

ミッキーと「35」の文字が印象的なステッカー。赤を基調としたインパクトのあるデザインです。

2001年:東京ディズニーシー グランドオープン


©Disney

2001年9月4日、ついにふたつめのパークである「東京ディズニーシー」がグランドオープンします。ちなみにディズニーシーのオープンに先駆けて、同年の7月27日には「ディズニーリゾートライン」も開業。今ではすっかり見慣れた東京ディズニーリゾートの光景が、この頃に形作られました。

とはいえ、「冒険とイマジネーションの海」をテーマにしたディズニーシーは、大人向けのパークをコンセプトとし、開園当初はミッキーたちキャラクターは、ほとんどショーに出演していませんでした。そのためか、オープン当初のシーはガラガラな日が多くありました。

私も当時、かなり空いているディズニーシーへ訪れていましたが、ゲストをみつけたキャラクターから駆け寄ってきてグリーティングをしてくれるなんていう、今では考えられないような贅沢なこともよくあったんですよ♪

今では信じられない光景ですよね。

12, ウォッシュシュタオル

©Disney

定価:700円

サイズ:縦約35×横約34cm

※おひとり様1会計につき、3個までの購入制限あり

ウォッシュタオルもカーテンミッキーのデザイン。あまりの可愛さに使うのがもったいなくなっちゃいそう。

2018年:東京ディズニーランド35周年!


©Disney

こうして振り返ってみると、ディズニーランドは常に進化し続け、私たちに驚きと感動を与えてくれてきたのがわかりますね♪

続いてディズニーランド・ディズニーシーの主要なスペシャルプログラムについてご紹介していきます!35年目となる2018年4月15日(日)よりスタートする史上最大の祭典「Happiest Celebration!

5年ぶりとなる新しいデイパレード「ドリーミング・アップ!」、壮大な演出の新プロジェクションマッピングショー「Celebrate! Tokyo Disneyland」、リニューアルしてディズニー映画キャラクターが登場する「イッツ・ア・スモール・ワールド」など、35年目のディスニーも見所がいっぱいです♪

Happiestな体験ができる『ハピエストメモリーメーカー』


©Disney

35周年では、Happiest体験ができる夢のようなアイテムが登場します☆それが「ハピエストメモリーメーカー」。

これを持ってパークをまわると、パーク内各所に設置されたハピエストミッキースポット」が光や音で反応、ミッキーからのメッセージを聞くことができるというペンダント型アイテムです。シーズンによってメッセージの内容は変わるので、何度行っても新鮮な気持ちで楽しめそう♡


©Disney

ハピエストミッキースポット」は、各テーマランドのコスチューム姿のミッキーの像が飾られたオブジェ。1年間でTDL・TDSで合計35体登場します!現在発表されているTDLのハピエストミッキースポットはこちらの10箇所。


ハピエストミッキースポット
©Disney

もちろんTDSにもハピエストミッキースポット」は設置されています。現在発表されているのはこの10箇所。ハピエストミッキースポット」は35周年期間中さらに増える予定なのだとか♡


ハピエストミッキースポット
©Disney

また、別売りの専用イヤホンを使えば、ミッキーからのメッセージをよりクリアに聞くことができます。その他にも、自分好みにカスタマイズできる専用アクセサリーや、そのアクセサリーを集めて飾ることができる専用プレートも♪


©Disney

35周年をめいいっぱい満喫するなら、「ハピエストメモリーメーカー」は、絶対に持っていたいアイテムですね♪

ハピエストメモリーメーカー
価格:2300円
専用イヤホン・専用アクセサリー・専用プレート
いずれも別売り(価格未定)

ハピエストセレブレーション限定アイテム


©Disney

紙吹雪とリボンをモチーフにしたアニバーサリー色溢れるグッズが、約250種類登場します。定番のぬいばはもちろん、ファンキャップや蝶ネクタイなど、バラエティーにとんだラインナップに期待が膨らみますね。


©Disney

東京ディズニーランド・35周年スペシャルプログラム

新デイパレード「ドリーミング・アップ!」


©Disney

「東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”」のオープニングを飾るのが、5年ぶりの新デイパレード「ドリーミング・アップ!」。アニバーサリー感いっぱいのNEWパレードでは、ベイマックスが登場するなど、期待が高まりますよ。パレートは5つのユニットで構成♪

夢の世界への入口
ペガサスがあしらわれたフロートにのって、パレードのホスト役ミッキーがプルートと登場します。

笑顔があふれる楽しい夢の世界
続いて案内役のグーフィーが、ピノキオのおもちゃの世界や、アリスのあの名場面へとゲストをいざないます。

ロマンティックな夢の世界
ミニーが、フェアリーゴットマザーや、シンデレラやオーロラ、白雪姫、ラプンツェルなど、憧れのプリンセスたちと一緒に登場します♡

不思議な夢の世界
チップとデールが案内するのは不思議な世界。ルミエールとコグスワースが、ベルとゲストを不思議なディナーに招待してくれます。また、プーさんのはちみつがいっぱいの夢の世界も♪

永遠に続く夢の世界
フィナーレを飾るのは、ドナルドとデイジー。パレード初登場となるヒロを乗せたベイマックスが力強く飛行する姿や、優雅に空を舞うメリー・ポピンズ、自由に空を駆け巡るピーターパンとウェンディの姿を見ることができます。

「ドリーミング・アップ」は、合計13台のフロートを総勢140人の出演者で35周年を華やかに彩る豪華なパレードになりそうです☆

公演場所:パレードルート
公演時間:約45分(1日1回~2回/日中)
出演者数:約140人(うち出演キャラクター:約55人)
フロート台数:13台

パレードルートはこちら

©Disney

※現在公演中のパレード「ハピネス・イズ・ヒア」は、2018年4月9日で公演を終了します。

新プロジェクションマッピングショー「Celebrate! Tokyo Disneyland


©Disney

大人気のシンデレラ城のプロジェクション・マッピングショーが、驚きのスケールアップで2018年7月10日より新規ナイトタイムスペクタキュラー「Celebrate! Tokyo Disneyland」として生まれ変わります!

これまでにない壮大なスケールの演出で行われるこのショーは、色鮮やかな噴水や夜空いっぱいに広がる光の演出で、魔法にかかったシンデレラ城を舞台にTDLのエリアを巡るというもの。これまでのプロジェクション・マッピングショーではキャラクターは出演していませんでしたが、「Celebrate! Tokyo Disneyland」ではミッキーが登場するのも嬉しいですよね♪

公演場所:シンデレラ城(キャッスル・フォアコートおよびプラザ)
公演時間:約15分(1日1~2回/夜)
出演キャラクター:ミッキーマウス

イッツ・ア・スモール・ワールド


©Disney

約1年間のクローズ期間を経て、2018年4月15日(日)についに大幅リニューアルオープンする「イッツ・ア・スモールワールド」。

世界各国をボートでめぐる幸せな旅に、『アナと雪の女王』のエルサ、アナ、オラフや、『リトル・マーメイド』のアリエルやフランダー他、『ピーター・パン』『アラジン』『リロ&スティッチ』など、約40体のディズニー映画、ディズニー/ピクサー映画のキャラクターたち加わります♪

また、リニューアルに合わせ、「イッツ・ア・スモールワールド」の世界観を体験できるメニューやグッズも販売されます。こちらも楽しみですね♪

※ディズニー・ファストパスが導入されます(期間限定)

アトモスフィア、デコレーション、フォトロケーション


©Disney

35周年スペシャルバージョンで上演される「東京ディズニーランド・バンド」など、一部のアトモスフィア・エンターテイメントでも特別な上演が見られそうです。

また、ワールドバザール内のメインストリートには高さ約10メートルのモニュメント「セレブレーションタワー」が設置されます。これまでの周年イベントや、TDSグランドオープン時など、ファンにはたまらない懐かしいコスチュームをまとった9つのミッキー像がおかれます。懐かしいあのコスチューム姿のミッキーに再会できるかも?!


©Disney

夜になると、音楽と光の演出に乗せてワールドバザール内に映像が映し出されます。これは、東京ディズニーランド開演後初めてのことなのだとか!


©Disney

シンデレラ城前の中央花壇には「東京ディズニーリゾート35周年」のロゴがデザインされた大きなオブジェが設置されます。そしてTDLエントランスの花壇には、まるで園内へと続くレッドカーペットを思わせるフォトロケーションが登場。カーペットの両脇には、ディズニーの仲間たちが揃ってゲストを迎え入れてくれています。

ところで、TDLもTDSもエントランスの地面の色が赤いことをご存知でしょうか?これは、まさにゲストを歓迎する意味のレッドカーペットを地面の色で表現しているんですよ。こんな細かい心づかいからも、ディズニーの夢と魔法を感じますね♪

一部のフォトロケーションでは、カメラマンによる写真撮影も。撮影した写真は、オリジナルイラストの台紙にキャラクターの写真もセットになってもらえます。キャラクターの写真は、おそらく35周年の特別コスチュームになるかも!?

東京ディズニーリゾート35周年、特別な年の思い出にプロにお願いしてみるのもいかもしれませんね♪

東京ディズニーシー・35周年スペシャルプログラム

ハピエストセレブレーション・オン・ザ・シー


©Disney

アニバーサリー感溢れるこの時期にTDSで行われるのが、35周年限定の水上グリーティング「ハピエストセレブレーション・オン・ザ・シー」。35周年のコスチュームに身を包んだミッキーたちとダッフィー&フレンズが、35周年のテーマソングに乗ってゲズトに挨拶をしにやってきます。

公演回数:1日1~3回公演
公演時間:約12分
出演者数:11人(うち出演キャラクター:9人)
バージ(船)数:1隻
公演場所:メディテレーニアンハーバー

出演キャラクターは9人。ミッキーマウス、ミニーマウス、ドナルドダック、デイジーダック、グーフィー、ダッフィー、シェリーメイ、ジェラトーニ、ステラ・ルー

ファッショナブル・イースター

TDSでは、35周年イベントよりもひと足早い2018年3月27日から、スペシャルイベント「ディズニー・イースター」開催されます。この春のTDLは『東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”』が開催されているためイースターイベントは行われません。ということは…ディズニーのイースターを楽しむならTDSへ行かなくちゃ♪ということですね!


©Disney

これまではTDLのみで行われていたエッグハントが、2018年はTDSで初開催!専用マップのヒントをたよりにパーク内に隠されたイースターエッグを見つけ出す人気プログラム、シーでの初開催は新鮮でワクワクです。

これまでも難易度の違うコースがあったり、無料プログラムになったりと変化してきたエッグハントですが、今回は有料プログラム・900円の1コースのみです。すべてのタマゴを見つけたゲストには、ゴールでエッグハント限定うさみみパッチンをプレゼント。スペシャルグッズのうさ耳カチューシャにつけて、ファッショナブルなアレンジを楽しんでくださいね♪


©Disney

ハーバーではおしゃれに着飾る春の祝祭「ファッショナブル・イースター」を開催!今年で3回目を迎える大人気のこのショーでも、35周年をお祝い。ショーの終盤で、4月15日にスタートする「東京ディズニーリゾート 35 周年“Happiest Celebration!”」のテーマソングを聞くことができます!TDLよりちょっぴり早く35周年の気分で盛り上がっちゃいそうですね☆

公演場所:メディテレーニアンハーバー
公演時間:約25分(1日 2~3回)
出演者数:約115人
船の数:5隻

アトモスフィア、デコレーション、フォトロケーション


©Disney

TDSでも「東京ディズニーシー・マリタイムバンド」など、一部のアトモスフィア・エンターテイメントもスペシャルバージョンになります。

エントランスやミラコスタ通りの入口も、35周年のデコレーションでゲストを迎え♪また、東京ディズニーリゾート35周年の特別なコスチュームを着たダッフィーとシェリーメイが、それぞれ「ヴィレッジ・グリーティングプレイス」「ウォーターフロントパーク」グリーティングに登場するなど、TDSも祝祭の華やかなムードに包まれそうです


©Disney

朝から晩まで35周年気分!ディズニーホテル


©Disney

35周年のディズニーホテルは、アニバサリー感溢れる飾り付けでゲズトをお出迎えします。35周年のコスチューム姿のミッキーとミニーが特別デコレーションされた客室も期間限定で登場!パークから戻っても、ずっと幸せなお祝い気分で過ごせそうです♪

ルームアメニティも35周年限定デザイン。それぞれのホテルごとにデザインが異なるので、コンプリートしたくなりそう♡


©Disney

また、東京ディズニーランドホテルでは、ルームキーが期間によって異なる35周年限定デザインに変更されます。こちらも揃えたくなっちゃいますね。その他にも、特別プログラムや限定アイテムが用意されています♪


©Disney

バケーションパッケージ


©Disney

東京ディズニーリゾートでの宿泊や、時間指定のないファストパス・チケットなどがセットになった宿泊プラン「東京ディズニーリゾート・バケーションパッケージ」でも、35周年を満喫できるプランが登場します。

東京ディズニーリゾート35周年“HappiestCelebration!”2DAYS/3DAYS」プランでは、絶対に人気沸騰間違いなしの新しいデイタイムパレード「ドリーミング・アップ!」を、ゆったりと専用の鑑賞席で楽しむことができます。

さらに7月10日からは、ナイトタイムスペクタキュラー「Celebrate! Tokyo Disneyland」の鑑賞券も付きますよ!これはなんとも贅沢なプランですね。


©Disney

「マゼランズ」で本格的なランチを楽しめるプラン東京ディズニーリゾート35周年!キャラクターグリーティングとマゼランズでランチを楽しむ 2DAYS」では、東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”の特別なコスチュームを身に付けたミッキー、ミニーとのグリーティングが!

また、2018年4月15日(日)~2019年3月25日(月)の期間にチェックインするすべてのプランで、限定デザインのオリジナルポップコーンバケットが1部屋につき1つプレゼントされます。バケーションパッケージ・オリジナルグッズも、35周年の特別なデザインで一新!どんなグッズが出るか楽しみですね♪


©Disney

まとめ

新規ショーの内容や、ワクワクするグッズなど、『東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”』詳細が少しずつ明らかになってきましたね。どれも魅力的で、今から期待に胸が膨らんで待ちきれないのではないでしょうか。

今回ご紹介した「Opening Soon」グッズは、イベントに先駆けて2018年2月10日(土)から販売されます。いち早くゲットして、特別な1年を思い切り楽しんでみてはいかがでしょう。