新着投稿

本日よく読まれている記事

よく読まれている混雑予想

【アリスエリア中止の理由?】2018年春!イッツ・ア・スモール・ワールドが大幅リニューアル決定!

2017年3月1日からイッツ・ア・スモール・ワールドは一旦クローズとなり、開園35周年の節目となる2018年に大幅にリニューアルされることが発表されました。

人気映画「アナ雪」を含む多くのディズニーキャラクター達が追加され、なんとアレンジされたディズニー楽曲を楽しめるようになるみたいです。

これは期待が高まりますね。

美女と野獣エリアの再開発計画といい、2020年の東京オリンピックに照準を合わせている感じがしますね。

子供から大人まで楽しめるアトラクション


©Disney

イッツ・ア・スモール・ワールドは東京ディズニーランドの地図上で「トップ」に位置し、まさにウォルト・ディズニーの理想を体現したアトラクションです。「小さな世界」「世界は一つ」という言葉の通り、戦争のない平和な世界を表現しています。

ゲストは世界各国の少年少女や動物たちに歓迎される、“世界で一番幸せな船旅”をすることになります。ヨーロッパ、アジア、アフリカなど様々な国をめぐり、フィナーレにはテーマ曲「小さな世界」の大合唱を楽しむことができます。

子供から大人まで幅広い世代に愛されている人気のアトラクションですよね。

アリスエリアは正式に開発中止が決定!

©Disney

当初は2021年度以降の開発計画として、「イッツ・ア・スモール・ワールド」を移転して跡地に「不思議の国のアリス」エリアを開発する計画でした。

アトラクション・ショップ・レストランを含む大型新エリアと期待されていましたが、2016年5月に正式に中止が発表されました。

参考url

そして2016年11月24日、今回のイッツ・ア・スモール・ワールドの大幅リニューアルの発表となっています。

質疑応答では「スピード感をもった計画を重視した」とされており、ディズニーシーの新アトラクション「ソアリン」も2019年内にオープンする予定とされています。

全体的な方針変更はやはり2020年に的を絞っている感じがします。

気になるリニューアルの内容は?

現在イッツ・ア・スモール・ワールドに使用されているのは約500体で、開園当初から変わっていません。

今回のリニューアルでは人気映画「アナと雪の女王」に登場する「アナ」「エルサ」「オラフ」などのキャラクターが40体が新たに追加されるみたいです。

その他にもヨーロッパ地域には「不思議の国のアリス」「シンデレラ」「ピーターパン」「塔の上のラップンツェル」が、アジアやアフリカには「ムーラン」「アラジン」「ライオンキング」などのディズニー映画のキャラクター達が登場する予定です。

img_583adfa63ede6

©Disney

告知にはありませんが公式のポスターには、「リトルマーメイド」のアリエルとフランダーや、「おしゃれキャット」のマリーの姿もありましたので、こちらも登場する可能性が高いですね!

キャラクター達に合わせたディズニー映画の音楽が登場!

またやはり最大の注目ポイントは追加されるディズニー映画のアレンジ音楽ではないでしょうか。

曲名やアレンジ内容は発表されていませんが、名シーンを彷彿させるものになりそうです。

約1年間のクローズとなりますが、今から期待が高まる情報ですね。

TDRポータルではディズニーランド、シーのリアルタイム待ち時間情報・混雑予想・過去実績をまとめています。是非参考にしてみてください。

【ディズニーランド待ち時間】今日のリアルタイム混雑状況
【TDL】ディズニーランド・アトラクションのリアルタイム待ち時間を混雑予想と比較!今日の混み状況、グリ、ショー、ファストパス、ランク予想、順位、地図も掲載。

記事を読む

シェアする

アプリでディズニー待ち時間を快適に♪

ディズニー待ち時間&混雑予想ナビ
ディズニー待ち時間&混雑予想ナビ