新着投稿

本日よく読まれている記事

よく読まれている混雑予想

秋&ハロウィンのディズニー、何を着ていく?おすすめコーデ&ファッション!

気候が比較的安定しているため、熱中症対策だけしておけばよかった夏とは違い、秋は突然の雨や気温差が気になる季節です。

想像していたよりも暑い、思っていたよりも寒い、突然の長雨で足止めさせられるなんていうことにもなりかねません。

そこで、秋にディズニーリゾートに出かけるご予定がある方のために、快適に楽しむためのおすすめのファッションをご紹介します。

引用:Instagram

まずは秋のディズニーリゾート、気温や気候をチェック!

出典:Instagram

ディズニーリゾートがある浦安市では、10月に入っても日中の気温が30度を超えることがあるようです。また、9月に比べると降水量は落ちつていきますが、小雨がぱらつくことも少なくありません。

10月下旬ともなると、最高気温は20℃を下回り、遅い時間になると10℃に届かなくなる日も出てきます。このくらいの気温になると、かなり寒さを感じる方もいるはずです。

11月上旬は10月下旬とそれほど変わりありませんが、下旬に入ると日照時間が短くなり、日中の気温も10℃くらいまで下がる日も少なくありません。例えば、シャツ一枚でいるとほとんどの人が寒いと感じる気温です。

10月、11月を通して気をつけるべき最大のポイントは一日の寒暖差にあります。ツアーや修学旅行など、比較的短い時間を過ごすのであれば別ですが、朝インパして閉園まで遊び続ける場合は、一日の気温差を考慮したファッションを選ぶ必要がありますね。

秋のディズニーの装いは、「プラマイ1or2」が原則

そこでおすすめしたいのが、1枚ないしは2枚、気温の変化に応じて足したり引いたりしやすい装い、名付けて「プラマイ1or2」なスタイルです。例えば、10月ならトップスはTシャツやシャツをベースに、カーディガンやパーカを重ね着。朝晩の寒さが不安な方は、ストールをオンしておきましょう♪

マウンテンパーカのような雨にも風にも強いアウターなら1枚だけでもOKです。パーカはできれば脱着しやすいフロントジッパーのものがおすすめ♡

出典:Instagram

11月はカーデやパーカの代わりにセーターなど防寒性に優れたものを合わせて、さらに軽めのコートを用意。

やはり暑くなったらすぐに外せるようなマフラーをプラスしておくと安心です。下旬に近づけば、セーターも首元まで覆ってくれるタートルネックがおすすめ。寒さに弱い方は、厚手のブルゾンやダウンジャケットを候補に入れてもいいですね。この時期ならマフラーやニット帽は必須アイテムです。

出典:Instagram

ボトムはできれば生足は避けたいところ。長め丈のものがやはり理想的。どうしても短めのスカートやショートパンツを合わせたい場合は、タイツを履くのがおすすめです。

出典:tabio.com

黒やグレーだと暗い印象になってしまうので、カラータイツを試してみて!

思いのほかコーデが華やかになり、ディズニー仕様のスタイルに仕上がるはずです。また、ちょっと長めのブーツを合わせれば、必要以上に厚着しなくても暖かく過ごせますよ。

まとめ

お天気が変わりやすく、寒暖差も激しい秋のディズニーリゾートでは、「プラマイ1or2」な装いを徹底するのが快適に過ごすためのポイントです。

上手にコーデして、機能的に、おしゃれに着こなしを楽しんでくださいね。