新着投稿

本日よく読まれている記事

よく読まれている混雑予想

【混雑予想・待ち時間】グーフィーのペイント&プレイハウスの攻略まとめ

トゥーンタウンが開園して以来、初めての追加アトラクションとして登場した「グーフィーのペイント&プレイハウス」。

名前を聞くとグリーティングハウスと思われるかもしれませんが、中身はれっきとしたアトラクションとなっています!まだ遊んだことがない方でも楽しめるよう、きちんと紹介させていただきます!

記事の最後には独自に集計した混雑ごとの待ち時間や、リアルタイム待ち時間も掲載しています。

アトラクションの場所はどこにある?

グーフィー その3

東京ディズニーリゾート公式サイト

赤い星マークが、「グーフィーのペイント&プレイハウス」の場所です。

トゥーンタウン入口の門すぐ右側にアトラクションがありますが、看板自体は小さなものだけが設置されていて、ほかのアトラクションに隠れる形で設置されています。見つけにくいかもしれませんのでご注意ください。

>>>待ち時間マップで『グーフィー』の場所を確認

どんなストーリー?

グーフィー その4

東京ディズニーリゾート公式サイト

アトラクションの内部は「グーフィーの部屋」という設定の元、グーフィーに喜んでもらえるようゲストが協力して、部屋の内部を素敵にコーディネートしちゃいましょう!というのが物語です。

「グリーティングハウス」っぽいのに?

トゥーンタウンには「ミッキーの家」「ドナルドのボート」「ミニーの家」と、グリーティングハウスが勢揃い。本来、グーフィーのペイントハウスもグリーティングハウスとして建設される案もあったそうです。

ただ、周囲にグリーティングハウスが連立する中、目新しさも大事ですよね。製作者も、「ミッキー&フレンズのキャラクターでもアトラクションを作りたい」という想いがあり、そこから「グーフィーの家をゲストが改装する」という内容のアトラクションに仕上がったそうです。

グーフィーファンにとってはグリーティングがされないということでさみしいかもしれませんが、その代わりパーク内の様々な場所にグーフィーが登場していますので、見つけて写真を撮影してください。

内容と注目ポイントは?

グーフィー その1

Instagram

「グーフィーのペイント&プレイハウス」は、8台ならんだペンキ噴射装置「トゥーントーン・スプラットマスター」を使い、壁に向かってペンキを発射し、それぞれのカラーに壁を描いていく、ゲスト協力型アトラクションです。

8台はそれぞれ違う色のペンキが組み込まれており、紐を引っ張って発射するもの、ボタンを押して発射するもの、ハンドルを回して放射するものなど、形式も様々。ゲストは8人並んで、一斉に壁にペンキを発射し、カラフルに塗りまくって素敵な壁に仕上げるのが目標です。

対戦形式の内容ではなく、みんなで思いっきり壁にペンキを塗りまくることが到達点なので、まったり楽しむことができます。また部屋の種類も、ただの壁だけでなく砂浜森の中を描いた物など種類も豊富。一度遊んだとしても、次は別の壁にペンキをかけることになる可能性もあるので、何度でも楽しみたくなります!

グーフィーのペイント&プレイハウスの混雑状況について

グーフィー その2

Instagram

内容は面白いのですが、意外と「グーフィーのペイント&プレイハウス」の知名度は低め。子供向きということもあって、通常でもあまり長くは並ぶことはありません。

ただ、短時間でさっくり楽しめるアトラクションであること、家族みんなで楽しめるアトラクションであることなどが最近評価されるようになり、少しずつゲストが増えてきています。予定を立てるときは、早めに組み込んでおくことをおすすめします。

  • 平均的な平日(ランクD)の最大待ち時間は約10分
  • 平均的な休日(ランクB)の最大待ち時間は約20分

グーフィーのペイント&プレイハウスの混雑予想と待ち時間

過去365日をS~Fの7段階にランク分けしたときの平均待ち時間です。

>>>グーフィーのペイント&プレイハウスのリアルタイム待ち時間

>>>ランク別混雑予想の詳細

【ディズニーランド&シー混雑予想】カレンダーと過去待ち時間
東京ディズニーランド・シー【TDL・TDS】の2017年~月別混雑予想カレンダーです。過去の混雑順位や予想リアルタイム待ち時間、ファストパス状況を一目で確認できます。毎日過去365日のデータ集計して予想を更新中。

記事を読む

グーフィーのペイント&プレイハウスの現在のリアルタイム待ち時間

リアルタイム待ち時間

【ディズニーランド待ち時間】今日のリアルタイム混雑状況
【TDL】ディズニーランド・アトラクションのリアルタイム待ち時間を混雑予想と比較!今日の混み状況、グリ、ショー、ファストパス、ランク予想、順位、地図も掲載。

記事を読む

最後に

凝ったアトラクションではありませんが、ゲスト8人ではしゃいで楽しんでいると、不意に子供に戻った気分がします。筆者は懐かしい過去を思い返してちょっと悲しくなりました・・・。

童心に引き戻してくれるこちらのアトラクション、みなさんもぜひ遊んでみてください!