新着投稿

本日よく読まれている記事

よく読まれている混雑予想

混雑データでみる「ニモ&フレンズ・シーライダー」待ち時間攻略とまとめ

2017年5月12日、東京ディズニーシーに新たなアトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」がグランドオープンしました。

ディズニー/ピクサー映画『ファインディング・ニモ』、『ファインディング・ドリー』の世界をモチーフとしたアトラクションです。

東京ディズニーシーには「タワー・オブ・テラー」をはじめとして、激しいアトラクションが多いなか、シーライダーは三世代でも安心して楽しめるアトラクションです♪

オープンして間もないシーライダーですが、すでに話題沸騰中!スタンバイ時間が60分を超えるのは珍しくありません。

そんな大人気アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」をたっぷり楽しむための、基本情報や攻略方法をお届けします。

記事の最後には独自に集計し、

  • ランク別の時間推移
  • 月別
  • シーズン別(GWや春休みなど)
  • 曜日別

にまとめた待ち時間や混雑状況についても解説していますよ。大人気アトラクションならではの面白い特徴もあります。

>>>ニモ&フレンズ・シーライダーのリアルタイム待ち時間

【ディズニーシー待ち時間】今日のリアルタイム混雑状況
【TDS】ディズニーシー・アトラクションのリアルタイム待ち時間を混雑予想と比較!今日の混み状況、グリ、ショー、ファストパス、ランク予想、地図も掲載。

記事を読む

ニモ&フレンズ・シーライダーの基本情報

  • パーク:東京ディズニーシー
  • エリア:ポートディスカバリー
  • ファストパス:発券対象
  • 体験時間:14分
  • 1キャビン:122名
  • 身長制限:90cm以上(補助なしで座れることが必要)

旧ストームライダーと同じく、1キャビンに100名以上が乗りこむタイプのアトラクションです。

身長制限は90cm以上とゆるめで、3~4歳以上なら体験可能なイメージです。

アトラクションの場所とファストパス発券所


©Disney

「ニモ&フレンズ・シーライダー」があるエリアは、東京ディズニーシーのポートディスカバリーです。

青い星マークがシーライダーの場所、ファストパス発券所はアトラクションのちょうど真向かいにあります。

人気が高かったアトラクション「ストームライダー」の場所、と覚えている方が多いかもしれませんね。

入園してすぐシーライダーを体験したいのであれば、メディテレーニアンハーバーからロストリバーデルタ方面の道を歩き、ポートディスカバリーへ向かいましょう。

ディズニーシーのエントランスからは所要時間15分前後。

アメリカンウォーターフロントから行くことも可能ですが、遠回りになるので注意してください。場所が分からなくなってしまったら、すぐに近くのキャストへ尋ねてくださいね♪優しく丁寧に場所を教えてくれるはずです。

アトラクション周辺やファストパス発券所付近はニモ&フレンズ・シーライダー一色に!

またオープンに伴い、ポートディスカバリーエリアのニモ&フレンズ・シーライダー周辺やファストパス発券所付近はガラリと装いを変えています。

ホライズンベイレストランのテラス席周辺にはニモ&ドリーの仲間たちが出現しており、周囲を散策するだけでも楽しいものですよ。

ニモ&フレンズ・シーライダーの周辺徹底レポ!最新フードや限定ディズニーリゾートラインも
2017年5月12日(金)に東京ディズニーシーに新アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」がオ...

記事を読む

ニモ&ドリー関連グッズやフードが販売

旧ストームライダーはディズニーシーのオリジナルストーリーでしたが、ニモ&フレンズ・シーライダーはご存じディズニー映画が原作です。

ドリーをイメージした青色のスムージーやニモをモチーフにしたオレンジ色のチュロスなど、見ているだけでも楽しいメニューがたくさんありますよ。

またオープンに伴い、ニモ&フレンズ・シーライダー関連グッズが大幅に追加されました。パーク身に着けたいファンキャップやファッショングラスも登場しています。

【ディズニーシー】ニモ&フレンズシーライダーの人気グッズお土産26選!
2017年5月12日にオープンしたアトラクションニモ&フレンズ・シーライダー。ディズニーシーではシー...

記事を読む

アトラクションの特徴

シアタータイプ

シーライダーはシアタータイプのアトラクションです。

シアタータイプとは、劇場に着席して映像やショーを鑑賞するアトラクションタイプのこと。そのため、悪天候時でもアトラクションを楽しむことができます。

1キャビンに122名乗車できるので、回転がはやい!

1キャビンにつき、同時に122名乗車することができます。

機材トラブルがおきないかぎり2キャビン使用することになるので、1度の案内で同時に乗車できるのは244名。大勢のゲストを収容することができるので、とにかく回転がはやいのが特徴です。

身長90㎝未満のゲスト、補助なしで座れないゲストは利用できない

身長制限があり、90㎝に満たない方は残念ながら乗車することができません。

また、非常時は自力あるいは同伴者の補助により避難する必要があるため、1人で安定して乗車できない方も利用することができません。利用者は健康状態の良い方のみ。7歳未満のお子様は16歳以上の同伴者が必要です。

所要時間は約14分

アトラクションに乗車するメインショーは約5分。前座であるプレショーをふくめると、所要時間は約14分となります。

他のライドタイプのアトラクションよりも所要時間が長いので、体験する場合は時間に余裕をもってくださいね。

ストーリーを事前に知っておこう

ポートディスカバリーは、世界中の科学者が結集する未来のマリーナです。「ストームライダー」が運営していた間は気象コントロールセンターがポートディスカバリーの中心的施設でしたが、「ニモ&フレンズ・シーライダー」が登場して以降は、海洋生物研究所(Marine Life Institute)が中心的な施設となるようです。

海洋生物研究所は『ファインディング・ドリー』に登場しており、「ニモ&フレンズ・シーライダー」が楽しめる施設はポートディスカバリー支局、という設定。

海洋生物研究所の科学者たちが発明した“チジミニウム”というマテリアルが、「ニモ&フレンズ・シーライダー」のキーとなっています。電気を通すと収縮する“チジミニウム”を利用して開発されたのが、魚の形をした潜水艦シーライダー。シーライダーには人工フィッシュ知能が搭載されており、魚の動きをコピーすることができます。

こうした開発努力により、魚におどろかれず自然にコミュニケーションがとれる、というわけですね♪

ゲストはシーライダーに乗り込み、『ファインティング・ニモ』、『ファインティング・ドリー』に登場するニモやドリーをはじめとする仲間たちと出会います。

彼らと同じ目線で海の世界を楽しんでいたのですが、あるトラブルにまきこまれ、スリルたっぷりな冒険をすることに!?

まさに、「冒険とイマジネーションの海」であるディズニーシーらしいアトラクションです♪

JCBのスポンサーラウンジについて

東京ディズニーランド&シーのアトラクションでは、スポンサーの関係者向けに用意されているラウンジが何カ所か存在します。

その名も、スポンサーラウンジ。

シーライダーのオフィシャルスポンサーはJCBです。そのため、JCBラウンジとして対象のゲストが利用することができます。

JCBラウンジは、オフィシャルスポンサーとのコネクションがなくとも利用でき、条件は「JCB THE CLASS(JCBザ・クラス)」の会員であるということ。会員特典として、年に1度だけJCBラウンジに招待してもらえます。

ストームライダーのクローズにともない、JCBラウンジは一時的に利用できなくなっていましたが、今回のグランドオープンに合わせて、リニューアルされました。

以前はストームライダーのイメージカラーである金を中心とした内装でしたが、リニューアル後は「ニモ&フレンズ・シーライダー」のイメージカラーである青が基調となっています。

JCBラウンジを利用すると、スタンバイをする必要がありません。テーブル席に案内され、ソフトドリンクをゆったりと頂くことができます。アトラクションの乗車時間になったら、担当のキャストが声をかけてくれますよ♪

JCBのラウンジ内では、キッズスペースがあるのでお子様連れも安心。モニターには『ファインディング・ニモ』、『ファインディング・ドリー』が上映されているので、アトラクションの前に予習復習することができます。

アトラクションの特徴と注目すべきポイントは?

本当に海の世界へとびこんだかのような臨場感が味わえる

「ニモ&フレンズ・シーライダー」は、ただのシアタータイプではなく“体感シアタータイプ”です。

波や水流にあわせて大きく揺れ、スリリングなシーンでは水しぶきまで!本当に海の世界で、ニモ達といっしょに泳いでいるかのような臨場感が楽しめますよ☆

乗るたびに新しい発見がある!

驚くべきは、体験するたびにストーリーが変化するということ!

東京ディズニーランドのアトラクション「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」のように、ストーリーがランダムで変化します。

乗るたびに、初めて見る光景やキャラクターと出会えるでしょう。

映像は『ファインディング・ドリー』のスタッフが制作。続編のように楽しめる

アトラクションで使用されている映像は、『ファインディング・ドリー』の制作に携わったピクサー・アニメーション・スタジオのスタッフによるもの。

「ニモ&フレンズ・シーライダー」のためだけに新しく制作された映像を、心ゆくまで満喫しましょう。『ファインティング・ニモ』と『ファインディング・ドリー』の両作品を鑑賞した方は、続編のように楽しめますよ。

▼周辺の様子や最新フード情報も

ニモ&フレンズ・シーライダーの周辺徹底レポ!最新フードや限定ディズニーリゾートラインも
2017年5月12日(金)に東京ディズニーシーに新アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」がオ...

記事を読む

体験した感想を紹介!

『ファインディング・ニモ』と『ファインディング・ドリー』のファンにとってはたまらないしかけや、演出がたくさん!

まず、映画と全く同じ映像美で広がる海の世界を眺めるだけで、感動してしまいました。キャビン内での演出は最新鋭の技術によるもので、没入感を深めてくれます。水の中を泳ぐ浮遊感や、海流にのみこまれるスピードはとても新鮮でクセになってしまいそう。

なんと「ストームライダー」のファンだった方は、クスリとできる嬉しいサプライズも!シーライダーをナビゲートする男性の声に、聞き覚えがあるはずですよ。私はこの声を聞いた瞬間、あまりに嬉しくて1人で号泣!「ストームライダー」のファンだった方は、ぜひ耳を傾けてみてくださいね。

激しく上下左右に揺れるので、酔いやすい方はあらかじめ酔い止めを飲んでおくと良いでしょう。東京ディズニーシーではアルコールメニューが楽しめますが「ニモ&フレンズ・シーライダー」に乗車する直前に飲酒するのは、あまりおすすめできません。より酔いやすくなり、アトラクションを楽しめないかも。

せっかくなら、体調万全に「ニモ&フレンズ・シーライダー」を満喫したいですよね♪

混雑予想や待ち時間、ファストパスの取り方について

オープン直後は200分超えも記録したシーライダーで、混雑時はNo1アトラクション「トイ・ストーリー・マニア!」と待ち時間が同等、ファストパスも瞬殺でした。

回転率がよいアトラクションだけあって、徐々に落ち着きを見せています。

現在はやはりトイストーリーマニアがディズニーシーの最混雑アトラクションです。

シューティングに夢中になれるのはもちろんですが、スコアランキングが掲示されるのも大きな要因です。

混雑データでみる「トイ・ストーリー・マニア!」待ち時間攻略と雑学まとめ
ディズニーシーといえば、やはり「大人が楽しめる場所」という印象が強いですよね。 ですが2012...

記事を読む

『ニモ&フレンズ・シーライダー』の混雑予想と待ち時間

それでは最近の待ち時間やファストパス発券状況をみてみましょう。

下のグラフは過去365日をS~Fの7段階にランク分けしたときの平均待ち時間FP発券時間です。

混雑予想と待ち時間の目安

待ち時間のピークになるのは大体10:00~18:00頃です。

  • 平均的な休日(ランクB)なら約100分、FP終了は10:00頃。
  • 平均的な平日(ランクD)なら約50分、FP終了は14:00頃。
  • となっています。

オープン当初の2017年5月~6月は休日に約130分、平日で約70分でしたので、大分短くなっていますね。

朝一で皆さんが向かうトイマニの待ち時間は9~10時頃が待ち時間のピークとなりますが、シーライダーの待ち時間推移は緩やか。

ファストパスは1枚目に取得しよう

混雑日のファストパスは朝一を逃すと、乗車時間が夕方以降になってしまいます。

そのため混雑期なら1枚目のファストパスにしましょう。

閑散期なら最短で発券すれば、2枚目でも16~18時頃の乗車時間になります。

予定に合わせてファストパスを発券するようにしましょう。

【ディズニーファストパス徹底攻略】混雑期ランド&シーの効率的な取り方とコツ
ディズニーランド&シーの人気アトラクションを、時間短縮して体験できるファストパスシステム。誰でも無料...

記事を読む

【月別待ち時間】ニモ&フレンズ・シーライダー

続いて、2017年5月(オープン月)から12月の月別待ち時間をみてみましょう。

*赤丸が平均値、箱ひげ図の線が中央値、各点が実際の待ち時間(10-18時の平均)を示 しています。

オープンした5月は平均94分と夏休み並みの混雑でしたが、9月以降は約60~70分と落着きをみせていますね。

同じ時期のトイマニは約100~120分の待ち時間でしたので、半分程度となっています。

【シーズン別待ち時間】ニモ&フレンズ・シーライダー

続いてシーズン別の平均待ち時間をみてみましょう。

*赤丸が平均値、箱ひげ図の線が中央値、各点が実際の待ち時間(10-18時の平均)を示 しています。

一番待ち時間が長いのは、オープン後、最初の連休シーズンとなるお盆でした。

連休シーズンでは一番空いているはずの夏休みも総じて長めでしたね。

【2018ディズニー空いてる時期ランキング】ランド&シーが混雑する月や曜日は?連休は?
いつ行っても混んでいるイメージがある東京ディズニーランド、ディズニーシー。 せっかく休みの日に...

記事を読む

【曜日別待ち時間】ニモ&フレンズ・シーライダー

続いて、曜日別の待ち時間もみてみましょう。

(夏休みやゴールデンウィークなど特別な日は除外しています。)

月曜日を除く平日は約50~60分の待ち時間です。

日曜日の次の月曜日は振りかえ休日になることもあり、平日の中では一番長い73分でした。

休日に待ち時間が長くなりやすいニモ&フレンズ・シーライダー

国民の祝日、土曜日、日曜日は約90~100分と、平日の約2倍の待ち時間でした。

トイマニを含む他のアトラクションは休日でも1.5倍程度におさまるので、シーライダーの2倍はかなり長めです。

休日に訪れる方は年に数回ディズニーに行くライトな層が多いため、新しいシーライダーを体験しようと集まるのでしょう。

平日に体験してしまうか、休日に体験するならファストパスの利用がおすすめです。

まとめ

新しいアトラクションというだけあり、ゲストのリアクションが新鮮!スリリングなシーンでは歓声が、コミカルなシーンでは笑い声が満ちてハピネスが感じられますよ。グランドオープンしたばかりだから味わえる一体感です。

「ニモ&フレンズ・シーライダー」に興味のある方は、急いで体験してみてくださいね♪
『ファインディング・ニモ』と『ファインディング・ドリー』を鑑賞済みだとより楽しめますが、鑑賞していなくともじゅうぶん楽しめます。

東京ディズニーシーでは「ニモ&フレンズ・シーライダー」グッズが多数販売されています。アトラクションを楽しんだら、「ディスカバリーギフト」などのショップを要チェックですよ☆