新着投稿

本日よく読まれている記事

よく読まれている混雑予想

ディズニーキャストになるには?元キャストが応募・面接・採用までをご紹介。

こんにちは。夢の国ディズニーランドのキャストを勤めていたこともあるユニです。

いきなりですが、ディズニーキャストになるのは難しい・・、どうせ限られた人しか選ばれないのでは・・と、諦めている方はいませんか?

想像だけで、素敵な夢を諦めるのは勿体無いです。今回は一度キャストを経験した私が、面接の雰囲気や質問内容、採用の電話連絡、さらに初出勤から研修開始といった3つのステップをくわしく説明していきます。

この記事が、憧れのディズニーキャストへなりたい、と思うあなたを少しでも後押しすることができたら嬉しく思います。

出典:東京ディズニーリゾートキャスティングセンター

キャストになるには、まず何をしたらいいの?


pixabay

オンラインから面接の応募をしよう

出典:キャスティングセンター

夢のキャストになる為には、まず面接を受けないといけませんね。ご存知かもしれませんが、東京ディズニーリゾートキャスティングセンターという、キャストの採用や応募に関するサイトがあります。

そこからオンラインで面接の応募ができるので、必要事項を入力して送信するだけで完了です!電話を掛ける必要も無く簡単に応募できますよ。

必須項目(名前・生年月日・メールアドレス)を入力して仮登録ボタンを押して送信します。

仮登録完了メール

数分後このようなメールが届くので、URLからアクセスして追加事項を入力します。

  • 希望面接日時(第3希望まで選択必須)
  • 希望職種(第5希望まで入力可能)

送信後、再びキャスティングセンターからメールが届きます。このメールに確定した面接日時が記載されているので確認しておきましょう。

ここで入力した希望職種は、面接時に渡される申込用紙に印刷されますが当日に変更ができるので安心して下さい。

面接日が迫ってくると届くメール

面接予定日の数日前にこのようなメールが届きます。もしキャンセルしたい人は、添付されているURLから手続きする事ができます

他に、当日の注意点やポイントが記載されているのでしっかり読んでから面接に向かうようにしましょう!

  • 面接に履歴書や写真は不要
  • 当日は写真撮影と身体測定がある(脱ぎやすい靴で行くこと)
  • 15分前には到着していること
  • 職歴を書く欄があるので在籍期間等確認しておくこと

まとめるとこんな感じの内容が記載されています。

職種、時給、コスチュームをチェックしてイメージをふくらませよう

先ほどのサイトにはキャストの業務や写真が掲載されているので、面接までに眺めながらイメージすると良いでしょう。

TDRのキャストは多数の職種がありますが、画像付きで詳しい説明をみることができます。また気になる時給、勤務時間、業務内容も事前にチェックしておきましょう!

さらに普段はあまり見かけることがない各キャストのコスチューム写真を見ることができるため、自分が着たいものや似合いそうなものから職種を探すのも楽しいですね。

【ディズニーキャストの真実】元TDLキャストが明かす秘密の裏側
東京ディズニーリゾートを訪れる「ゲスト」の数は年間で約3000万人。 1日に約10万人弱訪れる...

記事を読む

面接の服装は私服でオッケー!気になる面接の質問内容は?

さて応募手続きが終わったら、次はいよいよ気になる面接です。

指定の面接場所へ向かおう

面接の時間・場所を指定されますので、その通り現地へ向かいましょう。面接会場はその時によってバラバラで、都内のホテル会場で大規模に行われることもあれば、本社のキャスティングセンターで比較的小規模に行われることもあります。

キャスティングセンター本社ですと、通常はキャストしか入れない場所に行くことができます。実際に入ってからのお楽しみですが、本社の中の壁や扉もディズニーで溢れています。少し緊張されるかもしれませんが、もし面接会場が本社だった場合は「ラッキー!」と思って是非じっくり見ることをオススメします。

面接の服装は自由なので、普段の私服でも大丈夫です。ジーンズで来る人もいますから、あれこれ悩まずにいつも着ている服装で行ってらっしゃい!

面接にはたくさんの人が来るので、隣に座った人が偶然同僚になることも珍しくありません。皆ディズニー好きな方ばかりですから、話し掛けてみるとこれがきっかけでお友達になれるかもしれないですよ!

面接は何よりも楽しむことが大事♪友達ができちゃうかも?

面接の雰囲気は、一般企業の就活の様に堅苦しいものではありません。面接官の方はとても優しく、ある意味雑談の様なものなので、拍子抜けするかもしれません。事前に配布された面接シートに志望理由や通勤時間を記入するのですが、基本的にはそれに沿って質問を受けることになります。

実際に私が面接を受けたときには、「どうしてキャストになりたいの?」「何歳からキャストになりたかった?」「キャストになったらまず何がしたい?」「どの職種をやりたい?」といった質問をされた覚えがあります。

▼面接の詳しい質問内容はこちらでまとめています。

【ディズニーキャスト面接質問内容と対策】これでバッチリ!元キャスト流の受かるコツを紹介!
毎年ディズニーキャストの面接を受ける方は1万人以上! ディズニーキャストの面接の応募をしたのは...

記事を読む

なりたい職種が決まっていなくても大丈夫

どの職種をやりたい?」という質問はキャストになってからの仕事に直接関わるため、とても重要ですよね。

ですが、「ディズニーキャストになってみたいけど、何が自分に向いているのかわからない・・」という方もいるかと思います。もし決まっていない場合は接客か非接客の希望を伝えるだけでもよいですし、自分の得意なことや長所を話したうえで「とにかくキャストになってみたいんです!」という熱意を伝えてもいいでしょう。

逆に、どの職種がどんなことをするのか分からない場合は、素直に質問すれば答えてくれますよ。

もちろん、すでになりたい職種が決まっているならいくつか候補を伝えましょう!希望の職種で採用される可能性は確実に高まります。

志望理由はディズニー好きをアピール

志望理由も、緊張せずに普段の自分で、ディズニーが好きという気持ちをアピールすれば大丈夫です!
ディズニーで働いている人たちは、皆素敵な笑顔ですよね?あなたも同じ仲間になるのですから、面接の時から素敵な笑顔でいきましょう♪

面接の日には、身体測定も一緒に行います。実際着る予定のコスチュームの採寸ですね。時間は、面接も合わせて1〜2時間で終わります。

採用連絡の電話は早ければその日のうちに

人手がたりず今すぐ増員がほしい職種の場合は、なんと帰りの電車の中で採用の電話がかかってくることがあります!

電話は、「○○というお仕事をお願いしたいと思いますが、いかがですか?」といった内容です。それってどういうお仕事…?とならないように、仕事内容も一緒に説明して貰えます。
もし希望する職種では無かった時は、素直に断ってもよいでしょう。その場合、数日後また改めてお仕事を紹介してくれることもあります。

ですが特にこだわりが無い場合は、せっかく採用して貰えるのですから受けることをオススメします。

確認のメールが届く事もある


面接後、キャスティングセンターから確認のメールが届く場合もあります

「<至急>3日以内に連絡下さい」という件名なので一瞬不安になりますが、怒られる訳ではないので安心して下さい。

記載されている電話番号に掛け、名前と生年月日を伝えます。

電話の内容は、

  1. ➀面接の時に話した内容の再確認
  2. ②条件にマッチしたお仕事の紹介

大きく分けるとこの2つになります。

➀に関しては、「勤務可能時間は〇時~〇時で大丈夫そうですか?」「もし採用となった場合いう頃入社できそうですか?」といった質問です。

②は、上で書いた電話がかかってきた時の内容と同じです。
確認メールが届いたという事はほぼ採用という事なので、届いた方はおめでとうございます♪

キャスティングセンターは月曜日がお休みで、受付時間が12:30~17:30なので注意です。

人気の職種に採用されるのは困難な道のり

一方、人気の職種だとなかなか採用までたどり着きません。このアトラクションのキャストじゃないと絶対嫌だ!という情熱を持った方もたくさんいます。何度も面接に落ちてしまいますが、そこまで強い希望があるならば他の職種を紹介して貰っても、最後まで諦めずに頑張りましょう!

ちなみに年に何回も面接がありますが、再び面接に応募する場合は数ヶ月空けないといけなのでご注意下さいね。

ドキドキの初出勤、一緒に働く同期と初対面

続いて、緊張の初出勤です。この日はスーツで出勤です。ようやくキャストへの第一歩を踏み出しますが、いきなりパークで働く訳ではありません。

初日はまずその日入社の同期で集まり、通行証の写真撮影や入社手続き等事務的なことから始まります。オリエンタルランドの本社の入り口は、通行証が無いと入れません。この日撮影された写真がずっと使われるので、緊張しすぎて変な顔にならないように・・。

続いてディズニールックの確認、いわゆる頭髪・服装検査です。ディズニールックは有名なので皆さんご存知かもしれませんが、髪の色や爪、女性でしたらお化粧の仕方など細かく決まっています。ディズニーキャストの一員になったので、しっかりと守りましょうね。

【ディズニールック&髪型】キャストの髪色・ピアスのボーダーラインは?身だしなみ事情。
ディズニーキャストが大事にしている気配りの1つに、ディズニールックと呼ばれる身だしなみの清潔さがあり...

記事を読む

お昼を挟んで午後は早速研修に入ります。

研修の名前や詳しい内容は、実際にキャストになってからのお楽しみです♪

少しだけお話しますと、先輩キャストとパークをまわります。説明を受けながら、キャストの在り方を教えて貰います。パークにいるお客様は全員ゲストで、キャストはゲストに魔法をかけるという一番大事なことをこの日から心に沁み込ませていきます。

いつも遊びにきているパークの中を、まだ見習いですがキャストとしてスーツで歩きまわるのはとても新鮮ですよ!先輩キャストのお話は実際に自分がパークに出て生かせることがたくさんつまっていますので、よーく聞いておきましょうね。

大体9時から5時ころまで研修をして終了になります。

最後に

実際パークに出るまで、まだまだ勉強することがたくさんあります!2日目からの研修の内容については、またいつかお話できればと思います。

キャストに応募するうえで、みなさんの不安は少し軽減されたでしょうか?
皆さんにも憧れのディズニーのお姉さんお兄さんがいると思います。そのキャストさんもはじめは面接を受けてから採用され、研修を受けています。新しいことを始めるのは不安だと思いますが、大事な事はディズニーが好きで自分が楽しむという気持ちですよ♪

キャストになった皆さんを見たゲストが、自分が思ったように「あの優しいお姉さんになりたい」「あの面白いお兄さんになりたい」と思ってくれたら幸せなことですね。