新着投稿

本日よく読まれている記事

よく読まれている混雑予想

【キャストの年収・給料】ディズニーキャスト1本で収入は足りる?生活事情を紹介します。

皆さんは、子供の頃に抱いていた夢を叶えられましたか?

昔なりたかった職業とは別の仕事に就いている方もいれば、やりたい事があっても経済的に不安で踏み切れていない方もいると思います。

世の中には色んな職業がありますが、今回はディズニーキャスト一本で生活していきたいと考えている人や今の仕事を辞めてキャストに転職しようと考えている人に向けてのお話です

私自身の経験も交えて、実際の勤務体制や実際にフリーターでディズニーキャストをしている人の生活を紹介していきます。

この記事を読んだ後に、キャストになってからの生活をより具体的にイメージできるようになっていれば嬉しいです。

ディズニーキャスト準社員の平均年収は200万弱

12298880_1527733974218146_40708071_n
Instagram

ご存知の通り、キャストの9割は準社員という雇用です。

長年勤めると正社員になれるという噂もありますが、準社員から正社員になれることはほとんど無く、確率でいうと99%ありません。

また、正社員だとデスクワークが主な業務ですのでパークに出られる機会はなくなってしまいます。パークで働きたいという方で正社員になりたいと思っている方は残念ですが、諦めて準社員として働くことを勧めます。

準社員ですので時間給になりますが、だいたいの職種の時給は1100円~1300円の間になります。一日の勤務時間は8時間程ですので1100円×8時間=8800円が一日のお給料となりますね。

月にすると手取りは15、6万で、年単位だと180万になります。その他に調整給や交通費がついて200万程度になるという計算です。

長く勤めるにつれて時給も上がりますし交通費は全額支給ですので、それほど悪い待遇ではありません。

ディズニーキャストが《接客の質》を高めている方法とは?元キャストが舞台裏を紹介
皆さんも一度は「東京ディズニーリゾートのパークで働いている9割のキャストは準社員(アルバイト)」、と...

記事を読む

残業代は全額支給の一方、閑散期はシフトを削られる

滅多な事が無い限り残業になることはありませんが、タイムカードを切るのが遅れてもきちんとその分のお給料は支給されます。

シフト関係ですが、一年で一番混むとされているハロウィンなどの繁忙期はとても忙しいですが、イベント事が無いいわゆる閑散期は人手がそれほど必要にならない為、シフトが組まれていても前日に削られることもあります

その休みになった分は、一日の半分を目安としたお給料が振り込まれます。

体調不良など自己都合で休んだ場合のお給料は発生しませんが、会社都合(悪天候や閑散期)の休みだと半分は貰えるので安心ですね。

毎月決まった額を貰えるわけではないので、収入が不安定な点は準社員の厳しいところです。

《ディズニーキャスト》の人気記事まとめ
年間約3000万人を超える入園ゲストを支えている、約2万人のディズニーキャスト。 コスチューム...

記事を読む

一人暮らしをしている人は掛け持ちをしている人がほとんど

13549477_624957604347464_1336904331_n
Instagram

実家に住んでいる人はキャスト一本で生活している人が多いですが、一人暮らしをしている人の多くは別のバイトと掛け持ちをしています。

ここで私が働いていた時の周りの何人かのキャストの生活をご紹介します。

Aさん(25歳・男性)の場合

●週に5日出勤の契約でキャストとキャスト勤務後や休みの日に本屋さんのバイトを掛け持ち

●東京都内に月3万円のシェアハウス(バス・トイレ共有)に住んでいる

休みが少ない為、勤務後みんなで遊びに行くことには不参加で年に数回花火大会などのイベントに参加する程度

Bさん(21歳・男性)の場合

●週に5日出勤の契約でキャストの収入とまだ若いということで仕送りも有り

●千葉県内に一人暮らしで住んでいる

ほぼ毎回勤務後みんなとご飯に行って旅行にもほとんど参加していたので、この人は貯金が上手だったのだと思います…。

Cさん(22歳・女性)の場合

●週に5日出勤の契約でキャストの収入のみ

●千葉県内の実家に住んでいる

実家住みということで家賃や光熱費の出費がないので、休みの日に自由に使えるお金も十分にありキャスト一本で生活できていました

住む部屋の家賃にもよりますが、完全に自分のお金だけで生活していくとなるとキャストの他に掛け持ちをしないと中々厳しそうではあります。

【ディズニーキャストの真実】元TDLキャストが明かす秘密の裏側
東京ディズニーリゾートを訪れる「ゲスト」の数は年間で約3000万人。 1日に約10万人弱訪れる...

記事を読む

さいごに

生活は厳しくても胸を張って言える人生であるかが大事

皆さんがよく言っているのは「お金が厳しい時もあるけど、それ以上に胸を張って言える人生を送れているから辞めたいとか辛いとか思わない」ということです。

生活の為にやりたくない仕事を毎日行きたくないと思いながら生活する人を悪いとは思いませんが、一度きりの人生なので自分が好きな事をした方が私はいいと思います。

学生時代にキャストのバイトをしていて、卒業後も引き続きディズニーで働きたいという人や一般企業に正社員として勤めているが、ディズニーキャストになるという夢を諦めきれずにいる人などフリーターでキャストを考えている方、不可能ではありませんよ!

キャストの中には、20代後半で初めて地方から出て一人暮らしをする人や、仕事を辞めてキャストを始める40代の人など本当に色んな人がいます。自分と同じ境遇の人もいると思うので、入ってから相談してみるのもいいと思います。

キャストになりたいという気持ちがあれば、思い切って飛び込んでみても意外とどうにかなるものですよ!

シェアする

アプリでディズニー待ち時間を快適に♪

ディズニー待ち時間&混雑予想ナビ
ディズニー待ち時間&混雑予想ナビ