新着投稿

本日よく読まれている記事

よく読まれている混雑予想

ディズニーキャストのセリフが長いランキングTOP3!アトラクションキャストの魅力に迫る!

ディズニーというステージで繰り広げられるテーマショー。

  • ディズニーランドは「夢と魔法の王国」
  • ディズニーシーは「冒険とイマジネーションの海へ」

合わせて14エリア、それぞれにテーマやストーリーがあります。エリアごとに違う建物や音楽、キャストのコスチュームやセリフでそれぞれ雰囲気を変えているのです。

今回はTDRを構成する大事な要素の一つ「ディズニーキャストの台詞(セリフ)」に注目してみましょう!特にセリフで有名なアトラクションキャストについては、一度にしゃべるセリフが長いランキングとして紹介していきます!

一番セリフが多いのはガイドツアーキャスト

419e0e8315048f7bc85e759259d55caa1

出典:東京ディズニーリゾートキャスティングセンター

パーク内には、ランドとシー合わせて27種類もの職種があります。

  • パレード前に案内をするゲストコントロールキャスト
  • 乗り物の説明や注意事項を伝えるアトラクションキャスト

などなど、パーク内にいると色んなキャストのセリフや案内を聞きますよね。

その中でも、パーク内を説明して歩くガイドツアーキャストは、随一にセリフが多い職種です。ガイドツアーとは、パーク内の説明やトリビアを紹介してもらいながら歩いて回るというサービスです。

所要時間はなんと1時間30分!ゲストからすれば長いほどうれしいと思いますが、キャストにとってみれば1時間30分も笑顔でしゃべり続けないといけません。実際にガイドツアーキャストはほとんどしゃべり続けているので、覚える台詞がたくさんあるようです。

セリフが長いアトラクションキャストランキング!

アトラクションは、ランドに38種類・シーに27種類、合わせて66種類もあります。

それぞれしゃべる内容や口調も違うので、始まる前のキャストのセリフでワクワクしますよね。もちろん各アトラクションごとに独自のセリフや案内が用意されています。

では、66種類の中でどのアトラクションがしゃべるべきセリフが長いのでしょうか?

第一位:ジャングルクルーズ

17883148_299213627173852_4965442932497711104_n

出典:Instagram

ジャングルをこよなく愛する、陽気で勇敢な船長の舟に乗って旅をするジャングルクルーズ。

“陽気で勇敢”とだけあって、どの船長さんの喋りも面白い事で有名です。

乗っている時間は10分程ですが、思い返してみると乗った瞬間から降りるまで喋り続けていますよね。

世界一大きな蝶々や像の水浴びについてなど、ジャングルの中をユニークに説明して私たちを楽しませてくれます。

第二位:ヴェネツィアン・ゴンドラ

17882967_1299435543437078_2071552942648852480_n

出典:Instagram

陽気でおしゃべり好きのゴンドリエが漕ぐゴンドラに乗って運河を旅するヴェネツィアン・ゴンドラ。

こちらも、“陽気でおしゃべり好き”のキャストが勢ぞろいしています。

乗っている時間は11分30秒ですが、優雅でロマンティックな旅を提供しているのでゲストに自由に観察してもらう時間が多めです。

それでも景色の説明や、通りすがるゲストに挨拶をしたり歌を歌ったりするので、他と比べると多くなっているみたいですね。

第三位:タワー・オブ・テラー

18443314_815678625246240_3903825234238636032_n

出典:Instagram

怖くて乗れない人も多いのではないでしょうか?

恐怖のホテル「タワー・オブ・テラー」を見学するツアーに参加し、エレベーターで最上階へ向かうフリーフォールタイプのアトラクションです。

そのエレベーターに乗るまでにホテルの呪いについて説明があります。

ゲストの恐怖心をより煽るために、暗い場所で長めに台詞を喋っています。

キャストによって台詞は変わる

ランキング1位「ジャングルクルーズ」と2位「ヴェネツィアン・ゴンドラ」のキャストがしゃべる台詞は、特にオリジナリティが高くなっています。

よくインパする人はお気に入りのキャストがいるようで、乗る前に「このお兄さんの舟に乗りたい」と言えば指名することもできるそうです!

必ず言わなければいけない事、例えば乗り物から身を乗り出さないといった注意事項以外でオリジナルを付け足しているキャストは多いです。ここでこの台詞を付け足すと決めているキャストもいれば、その日の気分やゲストによってアドリブで付け加えるキャストもいます。

キャストの基本理念SCSE「Show:ショー」でいうと、ゲストを楽しませるためのオリジナルの行動ですね。

ちなみに、カストーディアルキャストの「何を拾っているんですか?」に対しての返答は、全てキャストのオリジナルなんですよ♪

台詞はデビュー前の数日間の研修で覚える

18444053_756925807819146_5647590108262563840_n

出典:Instagram

あんなに長い台詞をどうやって覚えているの?と疑問に思う人もいるでしょう。

確かに、学生時代のテスト勉強を思い返してみると、嫌いな教科だと特に覚えるのに苦労しましたよね…。しかしこの場合は全員好きでやっていることなので、覚えることすらも楽しんで出来るのです。

基本的に好きな物に対しての情熱は自分が思うより凄い力があります。

デビュー前の研修では、「早くゲストと関わりたい」「早く憧れのあのキャストみたいにやりたい」という気持ちでいっぱいなので、いつの間にか覚えられるものなのです。

もしアトラクションキャストを目指している方がいたら、Youtubeにあがっている動画を見て予習しておくのも良いかもしれませんよ!

さいごに

皆さんこんにちは。東京ディズニーランドへようこそ

この言葉を聞くと、一気にディズニーに来たという実感が湧きますし、普段の生活の中で聞くとなんだかワクワクしてきますよね。

皆さんの周りにもディズニーキャストの物真似をできる人がいたり、それぞれ好きな台詞があると思います。

ただの台詞な筈なのにたくさんの人を魅了するのは、キャストの“ゲストに楽しんで貰いたい”という気持ちが言葉に魔法を掛けているからなのでしょう♪