新着投稿

本日よく読まれている記事

よく読まれている混雑予想

【ディズニーシー&ランド救護室の場所】突然の体調不良に救護室で何ができる?

ディズニーランド、ディズニーシーでも「緊急事態」というのは起こりかねません。

もちろん行く前の準備は常に万全であるべきです。持っていく荷物の整理、キャラクターグッズ持参でより楽しく、予定も再チェックを欠かさず!

ですが忘れ物や迷子のように、突然の「体調不良」というのも避けられないものです。

朝は元気でも、パークで遊びまわっているうちに突然「気持ちわるいな・・・」「頭が痛い・・・」と感じることもあるでしょう。軽い症状ですめばよいですが、ときには動けなくなることもあるかもしれません。

そこで今回は、TDRに足繁く通っている人でもいざというときのために知っておいてほしい「救護室」について詳しく紹介していきます。

©Disney

救護室はどこにあるの?【TDL・TDS】

普段使わないような場所なのであまり気づかないかもしれませんが、どちらの救護室も入口から結構近くに点在しています。

ディズニーランドの救護室はワールドバザール、中央道りを左へ進み、突き当たりを少し左に曲がった、赤十字マークの扉が目印です。

%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%ba%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%80%80%e6%95%91%e8%ad%b7%e5%ae%a4
©Disney

ディズニーシーの救護室はメディテレーニアンハーバーを右の道沿いに進み、右手に見える赤い屋根の建物です。

%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%ba%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e3%80%80%e6%95%91%e8%ad%b7%e5%ae%a4
©Disney

もしこのマップでも場所がわからない場合は、近くのキャストさんにお声をかけてください。親切に教えてくれるでしょう。

救護室ではなにができる?

tdl1

©Disney

診療所・病院ではない。保健室のようなもの。

ディズニーリゾートの救護室には「看護師」は常駐していますが、「医師」はいません。診療所ではないのですね。

そのため簡単な問診と体温・血圧・脈拍測定はしてもらえますが、健康保険を使う一般薬処方や医者の診察を受けることはできません。

市販薬絆創膏湿布などの薬局やコンビニにあるようなものは購入できます。

休憩用ベッドが用意されているので少しの間休むこともできます。

緊急事態には救急車で病院まで搬送してくれる

また本当に緊急事態の場合は裏まで担架で搬送され、バックステージからディズニーランド&シーの「救急車」で近くの病院まで搬送してくれます。サイレンを鳴らすことはできないので、救急車というよりは「ディズニーロゴ入りの搬送用ワンボックスカー」といった方がよいかもしれません。

軽症の場合は、キャストさんに言えばタクシーの手配をしてもらえるようです。

もちろん自分で歩けるならば、舞浜駅からタクシーを捕まえてもよいでしょう。

「怪我をしたけど、処置の方法がわからない・・・」「薬を飲むタイミングを教えて欲しい」など、ちょっとした体調面で気になったことでも丁寧に対応してもらえます。

救護室はどんなところ?

さて、実際の室内はどうなっているのでしょうか。

温度と湿度の空調管理は行き届いており、暑すぎず寒すぎない配慮がされています。また施設内の「足元の段差を少なめにする」ことで、ゲスト1人1人が怪我をしないように工夫されています。

休憩用ベッドを完全設置
緊急対応の訓練を受けたキャストが配置されている
など、いざという時のための準備も万端です。外で働いているキャストの対応と比べると、救護室の対応は冷静なものに感じるかもしれません。ただそのひとつひとつが無駄なく適切なため、ちょっとした不安も取り除いてくれることでしょう。

もちろん普段は自分で薬や絆創膏などは用意しておくのが望ましいと思います。特に持病や妊娠に関わることは、本当に急を要するときを除いて近くの病院やかかりつけに直接行くほうが早いかもしれません。

突然の体調不良に備えて救護室を知っておこう!

431_main_visual_name_11
©Disney

救護室という名前を聞くと、「緊急でもないのに使ってもいい場所なのだろうか・・・」と躊躇してしまいそうですよね。

実際筆者も具合が悪くなったとき、近くのベンチで一休みしたほうが良いのでは?と考えたこともありました。ですが、体調が悪い時に外で休むほど危険なものはありません。

夏場になれば熱くなり、冬場になれば寒くなる千葉県舞浜市。昨年の1月の平均最高気温は11℃、平均最低気温は3℃と、お世辞にも暖かかったとは言えません。その中で休もうとすれば、熱中症の危険性が高まったり、低体温症で動けなくなったりもします。少しでも「具合悪いな・・・」と感じたら、救護室で相談してみましょう。

【ディズニーランド&シー混雑予想】カレンダーと過去待ち時間
東京ディズニーランド・シー【TDL・TDS】の2017年~月別混雑予想カレンダーです。過去の混雑順位や予想リアルタイム待ち時間、ファストパス状況を一目で確認できます。毎日過去365日のデータ集計して予想を更新中。

記事を読む

できることのまとめ

今回は救護室についてまとめてみました。

一般的に、対応は以下の通りなると思います。

  • 健康相談とバイタルチェック(体温測定など)を受けて帰る。
  • 絆創膏や簡易な救急用品を購入する。
  • ベッドでしばらく休ませてもらう。
  • 病院に行く必要があると判断されれば、タクシーなどの手配をしてもらう。
  • さらに緊急の場合、搬送用ワンボックスカーを手配してもらう。

いざという時の対応も記憶にとどめておくと、きちんと対応できてさらに楽しめるようになります!無きに越したこともないので、記憶の片隅に入れておいてください。

シェアする

アプリでディズニー待ち時間を快適に♪

ディズニー待ち時間&混雑予想ナビ
ディズニー待ち時間&混雑予想ナビ