本日よく読まれている記事

子連れの混雑時ディズニーランドは開園直後2時間が勝負!家族で楽しむおすすめコース

ファミリーで楽しむことの多いディズニー。混雑している日も多く、大人でもアトラクションやレストランに長時間並ぶのは辛いですよね。

小さい子どもならなおさらです。

そこで子連れファミリーにおすすめしたい、ディズニーランドの混雑時でも子どもが満足するコツをご紹介します。ポイントは開園後2時間です!

今回はお休みに家族連れでインパする方に多い、大人2名+子供数名の構成を主に想定して、具体的なポイントを紹介していきますね!

ファストパスの取得など大人が一人別行動することも多いと思いますが、アトラクションスタンバイやパレード場所取り中の待ち時間に使える秘密の裏ワザも紹介していますよ。

関連 子連れの混雑時ディズニーシーは開園直後2時間が勝負!家族で楽しむおすすめコース

子どもが満足するポイントとは?

出典:Instagram

ディズニーで子供を満足させるにはどうしたらよいのでしょうか?

ポイントを以下にまとめました!

  • 待ち時間は少な目に
  • アトラクションにたくさん乗る
  • キャラクターとグリーティングする
  • お腹が空く前に食事をする

朝一番から長い列に並んだり、パレードやショー待ちで長時間立ち続けるのは、大人でも根気がいります。

子どもならなおさらですし、間違いなくテンションが下がりますよね!お腹が減るとあからさまに不機嫌~になるのがすぐに分かります。

では何をするにも待ち時間が発生する、混雑しているディズニーランドではどうしたらいいの?

これらをクリアできる方法を次からご紹介していきます!

まずはアトラクションをいくつか回って子供の満足度を上げる!

ディズニーランド混雑時の開園時間はおおむね8時。

子連れで通常パスポートを使用するなら、30分前位にゲートに到着するのがオススメです。

列のなかほどに並ぶことができるため、実際に入園ゲートをくぐれるのはおそらく8時15分頃。

ここで片方の大人1人(仮にパパとします)はファストパス取得へ向かいましょう!朝一番にファストパスを取得するのは鉄則ですよね!

【混雑データから分かるディズニーファストパス攻略】ランド&シーの効率的な取り方とコツ
ディズニーランド&シーの人気アトラクションを、時間短縮して体験できるファストパスシステム。誰でも無料...

記事を読む

子連れならトゥーンタウン&アドベンチャーランドが鉄板!

その間、もう一人の大人(仮にママとします)と子どもは次のどちらかのエリアへ向かいましょう。

  • トゥーンタウン
  • アドベンチャーランド

朝一番からこの2つのエリアに向かうゲストは少ないので狙い目ですよ。ただしミッキーとグリーティングができる「ミートミッキー」は朝でも混雑するので注意してください。

トゥーンタウン編

出典:Instagram

子どもに大人気のエリアとだけあって、小さい子どもでも楽しめるアトラクションや施設が充実しています。

ミッキーとグリーティングができる「ミートミッキー」を除き、朝一番と夜は空いています!(さすがに日中は混雑してきますが…)

パパがファストパスを取得して合流するまでは、ここで遊んで待ちましょう!ぼーっと過ごすのではなく、空き時間を有効活用するのがポイントです!

その前に、トゥーンタウン内のキャラメルポップコーンを購入しておくのもいいかもしれませんね。朝一は空いています!

トゥーンタウンのおすすめアトラクション

小さな子ども楽しむなら、操作できる仕掛けのある「グーフィーのペイント&プレイハウス」がオススメ。

1つめのアトラクションにのり終わる頃には、ファストパスを取得したパパと合流できるはずです。

その後は隣にある、意外とスピード感たっぷりな「ガジェットのゴーコースター」を楽しんで!コースター系は後になると混雑してくるので、待ち時間が少なければ2回位乗ってもいいですね。

他には座席がくるくる回る「ロジャーラビットのカートゥーンスピン」も小さな子供にはウケがいいですよ。

アドベンチャーランド編

出典:Instagram

続いて、もう一つのおすすめエリア「アドベンチャーランド」について紹介していきます。

アドベンチャーランドは午前中ならまだまだ空いています

朝一番はガラガラのことも多いです。

パパがファストパス発券所でパスを取得してくるまで、このエリアで遊んでいるのもオススメです。トゥーンタウンと同じく、キャラメルポップコーンを購入しておくのを忘れずに。

ウエスタンランド方面まで足をのばせばカレーポップコーンを販売されていますよ。

ジャングルクルーズの待ち列内で、別行動した他の大人と合流する裏ワザ!

ちなみにアドベンチャーランドのアトラクションは原則として途中合流することはできません。

ですが、実は「ジャングルクルーズ」には裏技があるんです!

ベビーカーを押したまま列に並ぶことができ、乗車約10分前辺りにベビーカー置き場があります。そこでパパが待っていれば、簡単に合流可能!ママと子どもが先に並んでおくと効率抜群ですね。

その後は乗車時間が長く、エリア裏の風景をゆったりと楽しめる「ウエスタンリバー鉄道」もオススメ。

またアトラクションではありませんが、「ジャングルカーニバル」でミニゲームを楽しんで景品を狙うのも楽しめますよ。ミニゲーム類は回転が悪く日中は待ち時間が長くなるので、朝早い時間に回ってしまうのがベストです。

とにかく開園してすぐにアトラクションをいくつか乗るのがポイントです!これは必ずおさえておきましょう。

別行動できる大人がいるなら、まずは人数分のファストパスをゲットしてもらうのも鉄則。

開園1時間でアトラクションを楽しんだら、午前中のパレードをいい席で鑑賞しよう!

出典:東京ディズニーリゾート公式サイト

ここまで読んだなら、開園1時間後、9時過ぎくらいまでにはトゥーンタウンやアドベンチャーランドのアトラクションをいくつか回ることができているはずです!

午前中のパレードは10時30分~11時に始まることが多いため、続いて9時過ぎからパレードやショーの良い場所を確保に向かいましょう!

ちなみに最近のディズニーランドでは10時台と16時台に季節限定メインパレードが行われ、常設の「ハピネスイズヒア」は14時台に開催されています。

トゥモローランドでの場所取りがオススメ!

パレードの最初のウエスタンランドや、カメラのベストスポットであるシンデレラ城前は早い時間から場所取りが始まります。

トゥモローランドは出足が遅いため、最前列などを狙うにはオススメ。最前列を確保できれば、キャラクターやダンサーが子どもと絡んでくれる可能性大です!

パレードの待ち時間の過ごし方

出典:Iinstagram

逆算して1時間半ほど前に最前列の鑑賞席を確保できましたか?

もちろん、待ち時間の間ずっと全員で居座る必要はありません。大人を一人残して再び子供とアトラクションへ向かいましょう。

ファンタジーランドやトゥーンタウンの待ち時間が短いアトラクションがオススメ

ファンタージーランドなら待ち時間が短く、計算しやすいアトラクション(キャッスルカルーセルアリスのティーパーティーなど)がおすすめ。

トゥーンタウンなら体験型アトラクションであるミニーの家やドナルドのボートで遊びましょう。

トゥモローランドはパレード到着が最後の方なので、だいたい11時~11時半頃になる場合が多いです。

さらに、パレード待ち時間中にテイクアウトフードを購入して早めに昼食を済ますのもオススメですよ。その場合は、アトラクションで遊ぶのは遅くても10時までにして下さいね。

場所取りの裏技!?

パレード開始1時間前まではレジャーシートを大きく開いて待つことができません。

大人1人で家族分の場所を確保するのは難しいですが、ベビーカーや荷物を許せる範囲で間隔をあけて置けば何とかなります(笑)

不安な場合は、家族の半分は残りましょう。

さいごに!子供の笑顔のために!

ディズニーランド開園2時間で大人がどれだけ効率よく行動できるかによって、子どもの満足度は変わってきます。

必ずしも家族みんなで行動できるわけではないため、アトラクションに一緒に乗れなかったり、一人で待っていたりすることもありますが、そこは我慢(笑)

子どもがグズグズせず「あ~楽しかった!」と、とびきりの笑顔で言ってくれたら最高ですよね。

そのためにも頑張りましょう♪

子連れの混雑時ディズニーシーは開園直後2時間が勝負!家族で楽しむおすすめコース
子どもやパパの休日に合わせて家族で楽しむことが多いディズニー。 空いている日に行きたいと誰もが...

記事を読む

上の記事ではディズニーランドの混雑時&子連れの攻略法を紹介しています!