新着投稿

本日よく読まれている記事

よく読まれている混雑予想

妊婦さんでもディズニーを楽しめる!おすすめの楽しみ方やコツを紹介

たとえ妊婦であってもディズニーを楽しみたいと思う方も多いはず。

実は筆者も妊娠8ヶ月の夏の暑い時にディズニーシーを訪れた経験があります。当時、ディズニーは年に何度が来園していて、体調も良かったため楽しむことができました。

今回は妊婦さんでもディズニーを楽しむコツをご紹介します!

ショーやパレードを中心に楽しもう♪

ワンマン

出典:東京ディズニーリゾート公式ブログ

妊婦さんで安心して乗車できるアトラクションは限られているので、ショーやパレードを中心に楽しみ、ディズニーの夢があふれる世界をたっぷりと味わうのがオススメ!

ディズニーランドのパレードやディズニーシーのハーバーショーでは、ベンチや石垣を確保できれば無理のない姿勢で観賞することができます。夏や冬など外で待つのに負担がある場合は、屋内ショーを中心に。もしくは、観賞場所に同伴者を残して開始過まで過ごしやすい場所で待つことをオススメします。

ファストパスを利用して!

fastpass01_02

出典:東京ディズニーリゾート

アトラクションでは、待ち時間を軽減することができるファストパス(優先乗車)を利用するのが一番です。妊婦さんでも利用可能なファストパス対応のアトラクションは次の通り。

ディズニーランド

  • プーさんのハニーハント
  • ホーンテッドマンション
  • モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク
  • バズ・ライトイヤーのアストロブラスター

ディズニーシー

  • トイ・ストーリー・マニア
  • マーメイドラグーンシアター
  • 海底2万マイル
  • マジックランプシアター(お尻を突かない妊婦席あり)

妊婦さんでも乗車可能とはなっていますが、安全バーや急回転などがあるアトラクションもあります。後期でお腹が大きい時には避けることを考えたり、自分自身で操作できる場合は激しく動かしたりしないなど注意することが必要。

ゲストアシスタンスカードを利用する手段も!

assistance

出典:東京ディズニーリゾート

「ゲストアシスタンスカード」というパークでの負担を軽減するためのサポートツールがあります。これは体の機能が低下しているゲスト向けに発行されるもので、次の方が対象。

  • 妊婦
  • 高齢者
  • 身体障害者手帳所持者
  • 精神障害者保健福祉手帳所持者
  • 療育手帳所持者
  • 疾病、負傷などにより体の機能が低下している方

対象施設は?

アトラクション、キャラクターグリーティング施設

発行方法について

13561864_1226885217324361_131145311_n

出典:Instagram

当日、事前予約のどちらでも可能です。当日の場合は、各アトラクション、メインストリート・ハウス(TDL)、ゲストリレーション(TDS)、ベビーカー&車イス・レンタルのキャストに伝え、本人と同伴者全員のパークチケットを提示する必要があります。

事前予約は来園日1ヶ月前より可能。ゲストアシスタントカードは来園当日にパークで受け取ることになります。予約受付の窓口は「東京ディズニーリゾート・インフォメーションセンター」となっています。

利用方法について

まず、対象施設のキャストにゲストアシスタンスカードを提示。待ち列に長時間並ぶことが困難な場合は、待ち時間を列の中ではなく別の場所で待機することができます。ただし、その間にゲストアシスタントカードを使って他の対象施設を利用することはできません。

そして、案内可能な利用時間をキャストがカードに記入します。アトラクションではカード1枚につき4名(本人+同伴者3名)、キャラクターグリーティング施設ではカード1枚につき10名(本人+同伴者9名)となります。

すなわち、同伴者に妊婦さんなどゲストアシスタントカードの対象者がいれば、長い列に並ばなくても、アトラクションに乗れるというわけなんです!ただし、通常の待ち時間より長い待ち時間になる可能性も。また、同伴者の人数に制限があるので注意して下さいね。

インフォメーションブックで事前に確認して!

view_info_book

出典:東京ディズニーリゾート

妊婦さん用というわけではありませんが、各種サービスやアトラクションについて詳しく書かれている「インフォメーションブック」

例えば、アトラクションの回転・急停車の有無、乗車までに階段や坂道があるなど。事前にチェックしておけば、妊婦さん自身が乗車するかどうかを判断する際に役立ちます。

配布場所はメインストリート・ハウス(TDL内)、ゲストリレーション(TDS内)、東京ディズニーシー・インフォメーション(TDS外)。郵送も可能なので、取り寄せて自宅でゆっくりチェックしてもいいですね。

レストランや中央救護室を活用して!

261_main_visual_name_1

出典:東京ディズニーリゾート

歩き回っていると妊婦さんは特に疲れます。そのため、レストランやベンチでこまめに休憩することを忘れないで下さいね。あれもこれもと欲張らずに、パークを散策するような気持ちで楽しむのがオススメ。

また、パーク内にはナースキャスト(看護師)が在中する中央救護室があります。もし気分が悪くなってしまった時はベッドがあり休むことができ、応急処置などをしてもらえます。アドベンチャーランド(TDL)、メディテレーニアンハーバー(TDS)にあります。ただし、医師ではないので詳しい相談はできません。

いざというときにはディズニーロゴ入りの搬送車が用意されているので安心ですね。

【ディズニーシー&ランド救護室の場所】突然の体調不良に救護室で何ができる?
ディズニーランド、ディズニーシーでも「緊急事態」というのは起こりかねません。 もちろん行く前の...

記事を読む

プライオリティシーティング&ショーレストランを活用しよう

ディズニーホテル、パークのレストランの中にはプライオリティシーティング(優先席予約)ができるレストランがあります。

キャラクターダイニングに相当する3つ、

  • ホライズンベイレストラン<TDS>
  • クリスタルパレスレストラン<TDL>
  • シェフミッキー<アンバサダーホテル>

の予約はなかなかとれませんが、それ以外のレストランなら事前にしっかり計画を立てれば予約することができます。

ディズニーランドの昼食&夕食ならショーレストランもありますね。決まった時間にすぐ座れるのは本当に助かります。是非検討してみてくださいね。

最後に

妊婦さんがディズニーに行くことに賛否両論あるとは思います。確かにパークに初めて訪れる方や大混雑時はオススメできません。お腹の赤ちゃんと体調が第一です!

筆者は休憩をはさみながら、開園から閉園1時間前まで滞在しました。もちろん疲れはしましたが、十分楽しめました!荷物は全て主人に任せ、余裕のあるスケジュールで過ごしたので、良い思い出に。大好きキャラクターにお腹をタッチしてもらうと、とっても嬉しいですよ♪