新着投稿

本日よく読まれている記事

よく読まれている混雑予想

夏ディズニーでショー&パレードを楽しもう♪おすすめの過ごし方や必須の持ち物を徹底紹介!

暑い夏でも、たくさんのゲストが訪れるディズニー。学生や子どもが夏休みということもあって、グループやファミリー連れで、平日休日を問わずいつもにぎわっています。

でも、暑い中ずっとパークで遊んでいると、熱中症の危険もあり、疲労もたまりがち。今回は夏でも快適にディズニーを楽しむコツをご紹介します!

屋外ショーやパレードは公演時間をよく考えて!

出典:東京ディズニーリゾート

ディズニーを訪れたら、やはりショーやパレードを観賞したいと思うゲストは多いはず。ただ、炎天下の中待っているのも大変ですよね。

公演回数は一回だけではないので、どの回を観賞するか事前によく考えてみましょう。具体的に例を挙げて解説していきます。

季節限定ショー・パレードは初回を狙え!

夏限定のハーバーショー(TDS)・パレード(TDL)では観賞場所によって水を浴びることができ、清涼感たっぷり。

でも、それは公演中だけです。夏は混雑することが多いので、良い場所を確保しようと思ったら待ち時間はとても長くなります。そのため、暑さがピークを迎える前の初回公演を狙いましょう。午前中になるため、午後よりはまだ過ごしやすいです。

またディズニーシーでは一部の観賞エリアで抽選となっているため、運よく当たれば待ち時間が少なくて済みますよ。

遅い時間帯の屋外ショーを狙え!

屋外で行われる下記のショーは夕方から始まるため、快適に観賞することができます。

  • ミニー・オー!ミニー(TDL)
  • ステップ・トゥ・シャイン(TDS)

いずれも7月11日からは16時(7月中)が初回公演となりますが、まだ暑い時間帯のため遅めの時間の方がおすすめです。

昼間は涼めるアトラクションや屋内ショーを!

出典:東京ディズニーリゾート

昼間は暑さがピークとなるため、屋外にいるのは辛いもの。そんな時は比較的長い時間を楽しめるショータイプのアトラクションを楽しんで下さいね。

アトラクション

  • ミッキーのフィルハーマジック(TDL)
  • 魅惑のチキルーム(TDL)
  • カントリーベア・シアター(TDL)
  • スティッチ・エンカウンター(TDL)
  • ニモ&フレンズ・シーライダー(TDS)
  • マジックランプシアター(TDS)
  • マーメイドラグーンシアター(TDS)
  • タートルトーク(TDS)

屋内ショー

  • ワンマンズ・ドリームⅡ – ザ・マジック・リブズ・オン(TDL)
  • ビッグバンドビート(TDS)
  • アウト・オブ・シャドウランド(TDS)
  • マイ・フレンド・ダッフィー(TDS)

オリジナルグッズ制作で思い出づくりはいかが?

出典:東京ディズニーリゾート

パークを訪れた記念に、自分だけのオリジナルグッズを制作しませんか?家族や友達などと一緒に作れるタイプもあるので、よい思い出に。屋内で涼めるので一石二鳥ですよ♪パークチケットとは別に料金がかかります。

ディズニーランド

  • シルエットスタジオ(切り絵)
  • クリスタルアーツ(ガラス工芸品)
  • フロンティア・ウッドクラフト(革の工芸品)
  • コズミック・エンカウンター(ウィッシングボトル)

ディズニーシー

  • ロストリバーアウトフィッター(ウィッシュ・オーナメント)
  • アグラバーマーケットプレイス(ガラス製品)
  • スリーピーホエール・ショップ(似顔絵、切り絵)

涼しい所で休もう♪

出典:東京ディズニーリゾート

暑い時は疲れやすいので、レストランで休むことを心がけて下さいね。特に午後の暑い時間帯は涼もうと考えるゲストが多く回転が悪いことも考えられるため、混雑前の早めの時間に座席を確保して下さいね。

また、暑い時期はパークのあちこちにクールスポットが登場します。細かい霧状のミストが噴出するので、一時の涼を取りたい時に利用してみて下さい。

暑い夏の持ち物はこれ!

出典:東京ディズニーリゾート

日傘帽子は必需品。パレードやショー待ちの際には、地面の熱さを避けるため厚手のレジャーシートクッションがあると便利です。また、濡らすと冷たさを感じるクールタオル・マフラーもおすすめ。コンパクトにたためる扇子もぜひ持参しましょう。

熱中症対策に塩分補給ができる飴やタブレットを持っていくと安心です。水分はパークでも購入できますが、割高ですぐにぬるくなってしまうので凍らせたペットボトルを持参しても!

最後に

暑さを避けるために、一日の大まかなスケジュールを考えておくのがオススメ。ショーやパレードをうまく組み込んで、無理のないペースで楽しんで下さいね。

暑さ対策のグッズを必ず持参し、疲れたら休むことを心がければ、暑い夏でもディズニーを満喫することができますよ♪