新着投稿

本日よく読まれている記事

よく読まれている混雑予想

ディズニーランド&シー『持ち物検査』まとめ!持ち込み禁止アイテムは?意味はある?

ディズニーランド・ディズニーシーでは、入園ゲートをくぐる前に必ず持ち物検査を受けます。

チラッと中を見るだけで終わったり、「触っていいですか?」と奥の方まで手を入れたりと、検査の厳しさは様々。

この持ち物検査って意味はある?と思われる方もいるかもしれませんね。

そこで今回は、ディズニーにおける持ち物検査をする理由は何なのか、ディズニーは何が持ち込み禁止なのかを説明します。

持ち物検査に意味はある?

ディズニーランド・シーに入園する前に必ず行なわれる持ち物検査。
これは、危険物の持ち込みがないか持ち込み禁止のものはないかをチェックしています。

持ち込み禁止のものを持っていると預けたり捨てたりしなければならず、入園に手間取る羽目に。

カバンの奥の方まで手を入れてしっかりチェックするキャストもいれば、チラッと見て終わりのキャストもいます。底まで見ないゆるい検査では、「この持ち物検査って意味あるの?」と思われる方もいるかもしれませんね。

ではなぜ持ち物検査をするのかと言うと、これには「事前に不審者を食い止める」効果があるのです。

何も危険なものを持っていない人は、持ち物検査をされても困ることがありません。なのでスムーズに持ち物検査に協力します。

しかし、何か危険なものを持ち込もうとしている人は、持ち物検査を受けること自体に拒否反応を示します。そのため持ち物検査を必ず実施することで、不審者を入園させないという結果に繋がるのです。

もちろんディズニーランド・シーには持ち込み禁止のものがありますので、カバンの中に該当するものがあれば入園できません。

何が持ち込み禁止なのか、解説していきます。

ディズニー持ち込み禁止アイテム

  • 缶ビン
  • 酒類
  • お弁当
  • 一脚、三脚、自撮り棒などの撮影補助機材
  • ハードケース、カート類

以上が持ち込み禁止のアイテムです。危険なもの・他のゲストの迷惑になるものが禁止されているようです。個別に解説していきましょう。

1, 缶、ビン

ペットボトルの飲み物はグレーゾーンとして持ち込んでも咎められませんが、缶やビンは公式サイトにも持ち込みNGと書かれています。

2, 酒類

ディズニーランドでは飲酒をすることができません

酒類の持ち込みはランド・シーともに禁止となっています。お酒が飲みたい方は、シーのアルコール販売店で購入したものを飲みましょう。

3, お弁当

お弁当の持ち込みが禁止なのは、1983年の開園当時からずっと変わらないルールです。

世界観を壊さないために」お弁当の持ち込みを禁ずる。ディズニーならではですね。

ゲートを出てすぐのピクニックエリアであればお弁当を食べることができるので、再入園スタンプを押してもらってピクニックエリアで食べる分にはOKです。

4, 一脚、三脚、自撮り棒などの撮影補助機材

ハンディサイズのグリップはOKですが、一脚や三脚、自撮り棒などといった「他のゲストに危険・迷惑になる」撮影補助機材は持ち込みを禁止しています。

自撮り棒に関しては、伸ばさずに短い状態で使用するのであれば、ハンディサイズのグリップ扱いとなるようです。

手の中に収まるサイズであれば、自撮り棒も使用できるということですね。

5, ハードケースやカート類

混雑しているパーク内でカートを引いて歩いていれば、人や物にぶつかってしまう危険があります。

「他のゲストの危険」になるため、どんな小さなカートでも禁止されています。
パーク外にスーツケース類も入る大型コインロッカーがあるので、持ち物検査の前にロッカーに預けましょう。

上記のものは公式サイト「 皆様の笑顔と安全のために」に記載されています。
パークでの禁止事項も記載されているので、笑顔で安全にパークを楽しむために、一度目を通してみてくださいね。

手荷物以外にも気を付けて!

持ち物ではありませんが、ディズニーランド・シーに行く際には服装にも気を付けてください。

仮装はNG

ハロウィン期間中の決められた日程以外、大人の仮装はNGとなっています。仮装のままでは入園できず、コートなどで隠して入園したとしても、見つかった時点で注意を受けることになります。

お子さまの仮装はOKなので、ミッキーやドナルドなどのディズニーキャラクター、シンデレラなどプリンセスに仮装して楽しむことができますよ。

過度な露出はNG

公式サイトにも記述がある通り、入園にふさわしくない服装・刺青は禁止されています。過度な露出は他のゲストの迷惑になります。

刺青は見えないように極力隠せる服装をして遊びに行きましょう。

キャストへのプレゼント

素敵な対応をしてくれたキャスト、ファンになったキャストへの贈り物は、受け取れない決まりになっています。

お手紙も仕事中では保管場所に困ってしまいますので、感謝や感動の言葉は直接伝えるか、本社宛に手紙を送るといいでしょう。

グレーゾーンアイテム

ハッキリとNGとは言われておらず、パーク内に持ち込んでも黙認してもらえるものがあります。

しかしハッキリとNGとは言われていないだけなので、持ち込んだものを使用している・飲食している時にキャストにダメだと言われたら素直に聞き入れましょうね。

ペットボトル飲料

熱中症や脱水症状を防ぐため、暑い時期は特に水分補給が必要となります。

夏はパークのドリンクワゴンにも長蛇の列ができ、飲み物を購入するのもままならない時があって困ってしまいますよね。

必要とされる水分を適切に摂るために、ペットボトル飲料は持ち込みを黙認されています。同様の理由で水筒もグレーゾーンです。酒類以外のお茶・水・ソフトドリンクに限ります。

ディズニーランドには自動販売機が設置されていますので、飲み物が足りなくなったら自動販売機で購入することもできますよ。

自動販売機があるのは以下の場所です。

  • トゥモローランド「スペースマウンテン前」
  • ファンタジーランド「クイーン・オブ・ハートのバンケットホール」
  • ウエスタンランド「ペコスビル・カフェ横」

小さめのお菓子

お菓子もグレーゾーンに入ります。小さなお子さまのために、お菓子を持ち込む保護者の方も多いですね。

アトラクションの長い待ち時間に退屈させないために、グミやクッキーなど個包装されたものや、汚れないものを持ち込むのは割と許される面があります。

汚れそうなもの、ポテトチップスなどの目立つ大きな袋は持ち込まないようにしましょう。

軽食

ショーやパレードを待っている際に、おにぎり・サンドイッチなどの軽食を食べている方を見かけますね。
ディズニー側からすればワゴンやレストランで食事をしてほしいので、NGとは言わずとも好ましくはありません。
なので大っぴらに食べたりせず、黙認してもらってるという認識を忘れずに。ゴミは各自きちんと持ち帰るようにしましょう。

最後に

ディズニーランド・ディズニーシーの持ち物検査は「ゲストの笑顔と安全のために」行なわれているんですね。

混雑している時や、荷物が多くてチェックが大変な時、煩わしく感じてしまうこともある持ち物検査。

しかし全ての来園者に徹底して行うことで、私達ゲストはいつも笑顔で、安心してディズニーランド・シーで遊ぶことができるんですね。

また、持ち込み禁止のものもゲストが怪我をしないように、迷惑や邪魔な思いをしないようにと制限されています。

ルールやマナーを守って、楽しく笑顔で安全にディズニーランド・ディズニーシーを楽しみましょう。