本日よく読まれている記事

ディズニーランドの食事代をリーズナブルに!安いフードや食べ歩きメニュー【画像とお値段】

朝から夜まで長い時間滞在することが多いディズニー。

食事やスナックなど、何度も食べ物の購入が必要になりますよね。

レストランで食事をするのも楽しみの一つですが、よく訪れるゲストやファミリーにとっては出費もかさみがち。

そこで今回は、ディズニーランドで満足を得つつもリーズナブルに済ませる食事のコツをご紹介します!オススメのテイクアウトフードもたっぷりご紹介しますよ♪

▼ディズニーシーのお手頃フードや食べ歩きメニューはこちらでまとめています!

ディズニーシーの食事代をリーズナブルに!安いフードや食べ歩きメニュー【画像とお値段】
長い時間を過ごすディズニーは、何かと食事代がかさみがち。フードも楽しみの一つですが、できることなら出...

記事を読む

目次

ディズニーでは、メリハリを付けた食事をしよう!

ハングリーベア

ⒸDisney

朝ごはんは手早く済ませよう

朝ごはんは移動中の車内か、開園前の待ち時間に済ますことが鉄則。

開園前の列で立ったままおにぎりやパンを食べている人をよく見かけるので、周りを気にする必要はありません。まずはお腹を満たしてから、パークに入りましょう。

ランチはテイクアウトがオススメ

お昼はパレードやショーを待ちながら、ピザなどのテイクアウトのフードで簡単に済ませるのがポイント。時間の有効活用にもなりますよ。

でも安いからといって、一日ずっと軽食ではお腹が満たされませんよね。

休憩もかねて夕方や夜など一度はレストランで食事をするのがオススメです。

ドリンク類は自動販売機を利用

また、ドリンク類も意外と出費になります。食事と一緒に購入すると割高で、氷入りのため量も少ないんです。

パーク内にいくつかある自動販売機でペットボトルをあらかじめ購入しておくのがベター。ゲストによってはペットボトルを持ち込んでいる場合も…。それで済ませばさらに出費がおさえられますね。

持込みはできるの?

遊園地や動物園など全国各地の行楽スポットでは、食事の持込みをできるところがほとんどですが、ディズニーでは原則として禁止されています。だからといって、持ち込んだものを食べている所を見られたとしても直ちに没収されるわけではありません。ある程度は黙認されていると言えます。

ただし、ピクニックのようにお弁当箱などを広げて食べるのはNG。おにぎりやパンなど、こっそり食べられるものがベストです。でも、持ち込んだものばかりではパークの雰囲気を味わえないので、少量にとどめておく方が無難。

子連れディズニーで節約!安く過ごす方法をランド年パス持ちの子連れママが教えます!
こんにちは。 筆者は息子が3歳の時に年間パスポートを購入して、お得に思いっきりディズニーを満喫...

記事を読む

リーズナブルでお腹も満たされるディズニーランドのテイクアウトフード

ここからは、個人的にオススメのディズニーランドのリーズナブルなフード類を紹介していきます!

ヒューイ・デューイ・ルーイのグッドタイム・カフェ

出典:Instagram

ミッキーピザ…¥500

ミッキーシェイプのふわふわ生地のピザでボリューム満点。万人ウケするスタンダードなピザなので、みんなでおいしくいただけますよ。

出典:Instagram

グローブシェイプ・ローストチキンパオ・・・¥550

ミッキーの手で挟んだ中華まん風バーガー。中に入っているローストチキンが濃いめの味付けで食欲をそそります。

出典:Instagram

ドナルドバーガー(エビカツ)…¥550

ドナルドの足をかたどったユニークなバーガー。中にエビカツがど~んと入っており、食べ応えがあります。

キャプテンフックス・ギャレー

出典:Instagram

シーフードピザ・・・¥460、ベーコンとパイナップルのピザ・・・¥620

上記のミッキーピザはオーソドックスな味ですが、こちらは少しマニアックで大人向けの味わい。1ピースが大きめカットなのでシェアしても。

トゥモローランド・テラス

出典:Instagram

ミッキーブレッドサンド…¥600

ミッキーシェイプのブレッド2枚でビーフパティなどを挟んだハンバーガー。厚みたっぷりで食べ応えがあります。チーズ&ビーフ、チキン&ラタトゥイユ、エッグ&ビーフの3種類。

パン・ギャラクティック・ピザ・ポート

出典:Instagram

ダブルソーセージピザ…¥720

ラウンド型のピザでボリューム満点のほか、シェアもしやすいですよ。箱に入っているので、持ち運びがしやすいのもポイント。

チャックワゴン

出典:Instagram

スモークターキーレッグ…¥700

言わずと知れた人気商品。チキンでこの価格?と思う方もいるかもしれませんが、美味しく食べ応えがあるので、一度は試してみて下さい!

スキッパーズ・ギャレー

出典:Instagram

テリヤキチキンレッグ・・・¥500

スモークターキーレッグと比べると一回り小さいサイズになりますが、しっかりとテリヤキ味がついていて、一度食べるとやみつきに。プルプルのやわらかい食感をお試しあれ。

トゥーントーン・トリート

出典:Instagram

スウィートクリームチーズ・プレッツェル…¥290

小ぶりではあるものの、クリームチーズがたっぷり入っているのでお腹持ち抜群。食後のデザートや小腹が空いた時にピッタリです。

グレートアメリカン・ワッフルカンパニー

出典:Instagram

ミッキーワッフル・・・¥410~\450

甘党さんにおすすめのスイーツ。シンプルなメイプルソース、ちょっぴり贅沢なストロベリー&カスタードソース、さらに甘~いチョコレートソースの3種類から選べますよ。これを食べたら、疲れが吹っ飛ぶかも!?

キャンプ・ウッドチャック・キッチン

出典:Instagram

ワッフルサンド・・・¥700

フライドチキン(メイプルソース付き)、ベーコン(ベジタブルBBQソース)、スパイシーシュリンプ&アボカドの3種類。ワッフルで具材を挟むという、ちょぴり奇抜なメニュー(笑)。サクサク感を味わえるので、お好みの具材で一度は試してみる価値あり!

プラズマ・レイズ・ダイナー

出典:Instagram

ライスボウル・・・¥780

ハンバーグ、エビカツ、あられチキン、ベジタブルカレーの4種類。レストランでの販売ですが、テイクアウトも可能。ご飯ものをテイクアウトできるのは少ないため、お腹を満たすのに重宝します。

リフレッシュメントコーナー

出典:Instagram

ホットドッグ・・・¥410、チーズドッグ・・・¥460

ワールドバザールの一角にあるお店。シンプルなホットドッグに加え、季節限定のメニューもありますよ。ビッグサイズのソーセージで大満足間違いなし!

ボイラールーム・バイツ

出典:Instagram

ミッキーマウスまん、ミニーマウスまん・・・¥450

ポーク&てりやきチキンが入ったミッキーマウスまん、ストロベリー&ミルクのミニーマウスまん。耳まで具がしっかり入っているので食べ応えがあります。夏場は販売をお休みしているのでご注意を。ハロウィーン時期には、黒~いミッキーマウスまんが登場するかも!?

ミッキーのトレーラー

出典:Instagram

スプリングロール・・・¥290

エッグ&シュリンプ、ピザの2種類。小ぶりサイズですが、子供のお腹を満たすには十分です。大人には小腹が空いた時におすすめですよ。

カフェ・オーリンズ

出典:Instagram

クレープ各種・・・¥430~¥490

ケイジャンシュリンプ、ストロベリー、バナナチョコレートの定番クレープの他、期間限定クレープが登場することも。デザート系とフード系が揃っているので、お好みでチョイスできますね。

スウィートハート・カフェ

出典:Instagram

パンやペイストリー・・・¥190~

ミッキーをはじめキャラクターモチーフのパンやペイストリーがずらりと並んでいます。どれを選べばいいか迷ってしまいそう。たくさん買って、みんなで色々なパンを味わって!

リーズナブルでお腹も満たされるディズニーランドのレストラン

続いては、ディズニーランドのレストランで提供される、リーズナブルな食事メニューを紹介していきます!

ハングリーベア・レストラン

出典:Instagram

チキン&ローストオニオンカレー…¥720

  • ポークカツカレー・・・¥980
  • スチームベジタブルカレー・・・¥800
  • ハングリーベアカレー・・・¥1,280(ラージサイズのみ)

ボリュームたっぷりのカレーを出すレストラン。大盛りサイズがあるのも嬉しいですね。他のレストランに比べて回転が速いので、混雑日でも利用しやすいですよ。

グランマ・サラのキッチン

出典:Instagram

オムライスの蟹クリームコロッケ添え…¥1,090

  • ビーフトマトシチュー、バターライス添え・・・¥1,190
  • ハンバーグ、バターライス添え・・・¥1,040 など

ディズニーランドの奥、スプラッシュマウンテンの近くにあるレストラン。大人から子供まで大好きな洋食のラインナップで、比較的リーズナブルに食事ができます。

チャイナボイジャー

出典:instagram

ブラックペッパーポーク麺・・・¥1,180

  • 担々麵・・・¥1,010
  • 海老入り白湯麺・・・¥1,010

パーク内で中華を食べられるとあって、人気のお店。特に冬場など寒い時期にはいつも混雑しています。ラーメンに煮玉子やメンマなどのトッピング、豚角煮ライスなどのサイドメニューも充実していますよ。

出費と欲求のバランスをとって楽しもう!

全て軽食ではお腹が満たされず疲れも取れません。かといって全てレストランでは、出費がかさみます。

一度はレストランで食事をし、他はボリュームのあるテイクアウトのフードを利用して、メリハリをつけて過ごすのがオススメ。

また、期間限定のフードやスイーツなど最初から狙っていたものは迷わず食べるなど、自分の欲求はある程度満たしましょう!