新着投稿

本日よく読まれている記事

よく読まれている混雑予想

名曲揃い!ディズニーシー歴代パレード&ショー楽曲ランキング人気TOP7!

東京ディズニーシーといえば、「大人が楽しめるテーマパーク」。

シーの中では各国の民謡音楽が多用されているので、落ち着いた雰囲気を感じると思います。

これまでTDSではたくさんのショーとともに素敵な楽曲が披露されてきました。2016年に15周年記念として公演された「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー」では、まさに集大成とも言える素晴らしい楽曲に多くのゲストがうなったものです。

そこで!

今回は、数々のTDSショーの楽曲を収めたCDの人気ランキングを、Amazonでの販売ランキングをもとに発表していきます。これまでの素敵な楽曲の数々とショーの内容を一気に振り返っていきます!

▼東京ディズニーランドの楽曲ランキングはこちら

名曲揃い!ディズニーランド歴代パレードの楽曲ランキング人気TOP7!
いよいよディズニーランドは、2018年で35周年目を迎えます!この35年間で、ディズニーランドでは様...

記事を読む

第1位 東京ディズニーシー ビッグバンドビート

出典:Amazon

評価:☆4.9(5段階中)
CD価格:2427円(税込)
商品の詳細はこちらから

ジャズとバンドが夢の共演!誰もが楽しめるエンターテイメント

第1位に輝いたのは、ブロードウェイ・ミュージックシアターで愛され続けている「ビッグバンドビート」!

このショーは2006年7月から公演が開始されました。

ミッキー率いるバンドメンバーの粋な演奏技術に酔いしれる、最高のエンターテイメントとして脚光を浴びましたよね。元々は2007年に終了される予定だったそうですが、あまりの人気に継続され、今もなお多くのゲストを魅了し続けています。

演奏だけでなく、クオリティの高いダンスパートも必見ですよね。かっこいいタップダンサーの華麗な足さばきや、女性ダンサーの優雅さと力強さがあいまったダンスが魅力的です。普段目にするようなTVCMで使われているジャズミュージックが多いので、初めて体験する方も違和感なく世界に入り込めるはずです!

【おすすめ観賞方法&見どころ】ビッグバンドビートのまとめ【TDS】
ディズニーシーで絶賛公演中のショー「ビッグバンドビート」。 2006年にスタートした本ショーで...

記事を読む

第2位 Sea of Dreams

出典:Amazon

評価:☆4.9(5段階中)
CD価格:3989円~(税込)
商品の詳細はこちらから

(この記事で紹介しているCDは新品在庫がないため、価格変動が起きる場合があります)

今も語り継がれる海の物語 TDS5周年記念テーマソング

第2位は「Sea of Dream」。

「Everything」「逢いたくていま」「オルフェンズの涙」など、様々なヒット曲を飛ばしてきたMISIAさんがボーカル兼作詞を務め、作曲にはアメリカのディズニーランドやUSJの楽曲の数々を手がけてきたジョン・カヴァーノ氏が担当。最強タッグによって生まれた愛と感動を生むこの曲は、後述の「レジェンド・オブ・ミシカ」のエンディングとしても使用されました。

MISIAさん自身もTDSのファンであり、プライベートでも何度か足を運ぶ機会があったようです。それを聞きつけたディズニーリゾート側からのオファーを受け入れ、更には年末カウントダウンショーで生歌を披露するなど、いろんな意味でMISIAさんの夢がかなった素敵な1年になったそうですよ。

2018年でディズニーリゾートは35周年目を迎えますが、バースデーイヤーには多様なアレンジでこの楽曲を流すことがお決まりなので、もしかしたら再びパーク内で聴くことができるかも?

第3位 ザ・ヴィランズ・ワールド

出典:Amazon

評価:☆4.8(5段階中)
CD価格:2091(税込)
商品の詳細はこちらから

ヴィランズの世界へ!恐怖渦巻くハロウィンハーバーショー

ハロウィンにはやっぱりヴィランズが一番!

登場からすぐに人気ハーバーショーとなった「ザ・ヴィランズ・ワールド」が第3位となりました。これも多くの方が納得されたのでは?

ありきたりな「悪役は倒すべし!」というイメージとは一線を画し、「悪役は悪役で楽しもう!」という見方を変えた演出が人気です。TDLでは「ダメダメ!ヤダヤダ!」とさんざんだったヴィランズもついに日の目をみるときが来たんです…!

ヴィランズが登場するハロウィンは、おどろおどろしさから生まれる華やかさが強く、音楽も重低音を強調してた仕上がり。

まさに悪役の宴という表現がお似合いな、盛り上がりに欠けることがない名作です。

2017年で3年目となるザ・ヴィランズ・ワールド。どんなヴィランズの世界が見れるのか、楽しみですね!

スニークも!【ザ・ヴィランズワールド2017】ディズニーシー・ハロウィンのフォトロケ・デコを紹介!
東京ディズニーシーでは2017年9月8日~10月31日まで、秋のスペシャルイベント「ディズニー・ハロ...

記事を読む

第4位 レジェンド・オブ・ミシカ

出典:Amazon

評価:☆4.7(5段階中)
CD価格:1927(税込)
商品の詳細はこちらから

海の伝説から生まれた、人と伝説の生き物が織り成す物語

TDSのハーバーには、語り継がれている伝説があるのをご存知ですか?

そのストーリーを元に作り上げられたのが、このレジェンド・オブ・ミシカなんです。

海には「ミシカの伝説」と呼ばれる、一種の御伽噺のような言い伝えがあります。はるか昔、伝説の生き物たちと人間が共に過ごし、音<リズム>を共有しあっていました。その時代は平和でありましたが、やがて人間たちはリズムを奪い合うようになり、争いの末、すべてのリズムを奪い尽くしてしまったのです。

それから伝説の生き物たちは、人間が再び心を一つにし一緒に踊ることができる日まで、2つの世界をつなぐ門を閉じてしまいました。しかし、「もう一度人間たちから呼びかけて欲しい」という願いを込め残されたにより、リズムを持つ人間たちの手で扉が開かれることになったのです。

感動的なストーリーはもちろんのこと、1つ1つの場面で用いられている音楽も素晴らしいものでした。神秘的な雰囲気を醸し出す太鼓の音色や笛の息吹が、素敵な雰囲気を彩りましたね。

ちなみに2014年9月7日をもって公演終了となっています。

第5位 ブラヴィッシーモ!

出典:Amazon

評価:☆4.8(5段階中)
CD価格:1711円(税込)
商品の詳細はこちらから

音楽と演出で虜になる、エンターテイメントの決定版!

定番ナイトショーといえば「ファンタズミック!」ですが、以前は違ったんですよ。

それが、第5位にランクインした「ブラヴィッシーモ!」なんです。

このショーは特に「ディズニーシーのショーのあり方」を追求した作りになっており、普段目にするものとは少し違う点がありましたよね。

例えば、ディズニーキャラクターが参加しなかったというのが最大のポイントです。序盤、ミッキーが世界観の説明をしますが、それ以降はその他のキャラクターも含めて一切登場しません。キャラクターではなくショーの世界観に溶け込んで欲しいという、製作陣の願いから来た演出なんですね。

さらに、音楽にもひと工夫。

普通のショーではディズニーの名曲が使われることが多いですし、最低限アレンジメロディーが随所に加わります。ですが、ブラヴィッシーモのテーマ曲「Swept Away」では、一切ディズニーの楽曲が使用されませんでした

まさに大人が楽しむための究極のエンターテイメント、という感じですね。

今ではわりと見境なく?映画やキャラクタータイアップが多くなっているディズニーシーですが、初期の硬派な演出も懐かしいものですよね。

第6位 ハーバーサイド・クリスマス2003

出典:Amazon

評価:☆4.8(5段階中)
CD価格:2474円(税込)
商品の詳細はこちらから

冬の海に広がる、輝くクリスマスの世界!

ランキングに意外な展開が待っていました…。

筆者自身、これは予想できませんでしたね。2003年のクリスマスアルバム「ハーバーサイド・クリスマス2003」がランクイン!

この年のクリスマスは2部構成で展開され、

  • 昼間はアイスリンクを用いた「クリスマス・ホリデー・イン・ニューヨーク
  • 夜にはメディテレーニアンハーバーで開催された水上キャンドルショー「キャンドルライト・リフレクションズ

が公演されたんです。

どちらもクリスマスではお馴染みの楽曲が用いられ、訪れたゲストに素敵なプレゼントを贈り続けていきました。キャンドルライトがシーの海に広がる光の花畑のような世界が、男女ともにうっとりさせてくれる演出でしたね。

ホリデー・イン・ニューヨークで1度ミニーが転倒してしまった際、ミッキーが寄り添って立ち上がらせてくれるという、ミッキーファンには鼻血が出てしまうほどのロマンスな出来事がありましたよね。

これはハプニングでしたが、ネットで話題となり、一気に知名度が上がったんですよ。

第7位 テーブル・イズ・ウェイティング

出典:Amazon

評価:☆4.9(5段階中)
CD価格:1780(税込)
商品の詳細はこちらから

見るだけでお腹がいっぱいに!ミッキーとルミエールの料理紀行

ラストを飾るのは、世界の料理を歌とダンスで美味しくいただく素敵なレギュラーショーだった作品「テーブル・イズ・ウェイティング」がランクインしました!残念ながら2017年3月17日をもって公演終了となってしまいましたが、それでも永遠の思い出になること間違いなしですね。

S.S.コロンビア号で世界を旅してきたミッキーが、世界の美味しい料理をゲストにも味わってもらいたい!という想いからテーブルショーを開催することに。ホスト役を「美女と野獣」に登場するルミエールが担当し、料理を紹介しながらテーブルを取り仕切っていきます。

個人的に気に入っているシーンは、序盤のチップとデールが歌う「MY TACOS IS WONDERFUL」ですね。実際に見たあとにタコスを食べたのですが、頭から離れず「タコス作ろ~、タコス作ろ~」とハミングしながら頬張ったのを覚えています・・・。実際にこのショーで初めて知った国や料理があるというゲストさんの声もお聞きしているので、きっと同じ経験をされてる方がいると信じています。

最後に

今回はAmazonの売り上げを元に数々の名曲をご紹介させていただきましたが、みなさんの好きな曲はランクインしていましたでしょうか?

新しいショーも昔から続いているショーも、共通しているのは「エンターテイメント」であることと「良質な音楽」ですね。今後も登場するショーの楽曲に、ぜひ耳を傾けてみてください。