【ディズニーランド】ハロウィーンポップンライブ2017おすすめ鑑賞場所&フロート停止位置【TDL】

2017年もディズニー・ハロウィーンの季節がやってきました!

東京ディズニーランドではハロウィーン・ポップンライブを開催中!

今年は音楽が一新され、ミッキーやミニーも新しいコスチュームを着て登場します。停止箇所は去年に引き続き9回。

停止位置やオススメの鑑賞場所も含め、ハロウィーン・ポップンライブを徹底検証していきます!

絶対食べたい!ディズニーランドハロウィン限定食べ歩きフード4選
暑さもだいぶ和らいできてこれから秋本番! 秋のディズニーではハロウィーンイベントが開催中。ディ...
スポンサーリンク

ハロウィーン・ポップンライブ基本情報

ディズニーの仲間が、おばけやスケルトンたちとタッグを組んで様々な音楽パフォーマンスを繰り広げるライブ型のパレードです!

  • 公演回数:1日2回公演
  • 公演時間:約45分
  • 公演場所:パレードルート
  • 出演キャラクター:ミッキー、ミニー、ドナルド、デイジー、グーフィー、プルート、マックス、チップ、デール、クラリス、ヒューイ、デューイ、ルーイ、三匹のこぶた、スティッチ、エンジェル

ハロウィーンポップンライブのパレード進行と観賞場所

昨年に引き続き、2017年版も停止箇所が多く、どこで鑑賞するのか決めることが難しいのがこのパレードの特徴です。

まずは、ポイントの背景となる基本的な停止箇所や、時間の情報をお伝えいたしますね。

6つのフロートがそれぞれ9回(9箇所)停止する

まず、ハロウィーンポップンライブのフロート(キャラクター)の数は6個。(詳細は後述)

そしてどのキャラクターも9箇所で停止をします。

慣れない方は9箇所と聞いただけでも複雑さに気が遠くなりそうですが、考え方をかえると鑑賞場所を選ぶ楽しみがある、ということでもありますよ。

(※2017年10月10日のスタージェットクローズに伴い、フロート退場が早まるため、その後は7箇所停止となります。)

9つの停止箇所の内訳は、

  • ファンタジーランド・ウエスタンランドエリアで3箇所
  • プラザエリアで3箇所
  • トゥモローランド・トゥーンタウンエリアで3箇所(10月11日からは1箇所)

です。

6つのフロートのうち、前半3つと後半3つが同じ場所で停止する

また6つのフロートは前半組と後半組、それぞれ3つに分かれて、同じ場所で2度停止します。

言い換えると、どの場所で鑑賞していても、前半組と後半組のいずれか1つずつ、停止したフロートを正面に計2回みることができるということですね。

ちなみに停止中のパフォーマンスは前半と後半で違います。(後述)

フロート停止時間は5分、最初と最後の観賞場所では30分の時間差

さいごに、各場所での停止時間は5分ほど。

また、パレードの最初にグーフィーからダンスのレクチャーの時間があるので、最後のエリアにパレードが来るのはパレード開始時刻から30分程後になります。

そのため、例えばパレード開始時刻に間に合わない場合でも、トゥーンタウンエリアに行けば最初からパレードを鑑賞することが可能です。

逆にパレード後に予定がある場合はファンタジーエリアで鑑賞をする必要があります。

スポンサーリンク

観賞場所を選ぶ際の、3つのポイントとは?

以上を踏まえて、ハロウィーンポップンライブの鑑賞場所を選ぶには3つのポイントを考えましょう。

  • 1, どのキャラクターを中心に観たいか
  • 2, どのキャラクターのタオル回しパフォーマンスが観たいか
  • 3, パレード前後に予定があるか

続いて、具体的に各観賞場所について紹介していきますね。

キャラクター停止位置とパフォーマンス

まずフロートの順番は以下の通りです。

  • 1, ミッキー、マックス
  • 2, 三匹のこぶた
  • 3, チップ、デール、プルート
  • 4, ドナルド、ヒューイ、デューイ、ルーイ
  • 5, スティッチ、エンジェル
  • 6, ミニー、デイジー、クラリス

※グーフィーはパレードのフロートには登場せず、最初にレクチャー役として登場します。

また、先に書いた通り、1つの鑑賞場所で、全部で6台あるフロートのうち前半/後半に分けて2台が停止をします。

そのため、一度に観ることのできるキャラクターの組み合わせは以下の3つとなります。

  • A, 前半:ミッキー、マックス/後半:ドナルド、ヒューイ、デューイ、ルーイ
  • B, 前半:三匹のこぶた/後半:スティッチ、エンジェル
  • C, 前半:チップ、デール、プルート/後半:ミニー、デイジー、クラリス

やはり一番人気の鑑賞場所はミッキーとドナルドが停止する最初の組み合わせの停止位置です。

ただし、9箇所で停止をしますので、比較的ファンは分散されるのが救いです。

9箇所の停止位置の詳細マップ

下記はそれぞれ、停止位置の大体の場所にアイコンを貼った図です。

上述のA, B, Cの3つの組み合わせを、Aミッキー、Bスティッチ、Cミニーの3人のアイコンで示しています。

もちろん正確な停止位置は現地でキャストさんに聞くのがベストだと思いますが、イメージのみ参考にしてみてくださいね。

前半と後半でタオルパフォーマンスがある位置が異なるので注意

また、赤色で丸がついているエリアが、前半にタオル回しのパフォーマンスがあるエリアです。

例えば、ミニーちゃんのタオル回しが観たい!という場合、ミニーちゃんの停止は後半になるので、丸がついていないエリアでパレードを待つことになります。

スポンサーリンク

オススメの鑑賞場所

今回はミッキーをしっかり観たい場合のオススメの鑑賞場所をお伝えします。

まず、ミッキーはとにかく乗っているフロートが高いので、立ち見をオススメします。

特に写真を撮りたい場合は、ミッキーを囲むように柵があるため座った状態で写真を撮ると、ミッキーの顔が完全に柵に隠れてしまいます。

ミッキーの周りの柵は結構高めです。

逆に写真を撮らない場合は、フロートが高いので比較的どの場所からでもしっかり観ることができます。9か所目の停止となるのトゥーンタウンは、進行方向右側にしか鑑賞スペースがないため、キャラクターが常に自分側を向いてくれるため、オススメです。

また、写真を撮る場合のオススメは2箇所。

1つは、1ケ所目のミッキーの停止位置よりも少し前側の進行方向右手。ターキーレッグが売っているワゴンと、スプラッシュマウンテン入口の間くらいです。

この場所は、パレードがカントリーベアーシアター方向に向けて曲がる角あたりのため、真正面からマックスとミッキーを撮ることが可能。2人を同時に写真に収めるには、絶好のポイントです。

1箇所目の停止位置より少し前のあたりから撮影。

もう1つは、3箇所目の停止場所の進行方向右手側。ウエスタンランドからプラザに行く間にあるトイレの付近です。こちらは背景にシンデレラ城を入れることができる鑑賞場所です。

スペシャルイベントでミッキーがこの辺りに停止することは珍しいため、中々撮れないアングルでミッキーの写真を撮ることができます。

3箇所目の停止位置、トレイ側から撮影。

【ディズニーシー】ザ・ヴィランズワールド2017おすすめ鑑賞場所&停止位置【TDS】
2017年もディズニー・ハロウィーンの季節がやってきました! 東京ディズニ―シーでは、水上ハー...

さいごに

いかがでしたでしょうか。ハロウィーン・ポップンライブ2017の停止位置やオススメの鑑賞場所、参考になりましたでしょうか。

今年のパレードはミッキーやマックスはじめ、パフォーマンスがとってもカッコよく仕上がっていますので、是非好きなキャラクターの停止位置で、キャラクターと一緒にハロウィーン、盛り上がってくださいね!

LINK 【9/1新発売!【TDL】ディズニーランド・ハロウィーンのグッズお土産30選!ポップンライブのクールなデザイン】

LINK 【9/1新発売!【TDS】ディズニーシー・ハロウィンのグッズお土産30選!悪役ヴィランズの妖しい魅力☆】

【Dハロ2017】ディズニーハロウィーンの人気お土産グッズ・パレード・ショー
秋の名物イベントディズニー・ハロウィーンこと「Dハロ」は2017年9月8日(金)~10月31日(火)...
スポンサーリンク