新着投稿

本日よく読まれている記事

よく読まれている混雑予想

《2017ディズニーギフトオブクリスマス》徹底検証!オススメ鑑賞場所や見どころも

今年、初めての開催となるクリスマス期間限定のキャッスルプロジェクション「ディズニー・ギフト・オブ・クリスマス」

開催から大人気だったキャッスルプロジェクション「ワンス・アポン・ア・タイム」が11月6日で終了をし、11月8日、パークのクリスマスイベントと同時にスタートをしました。クリスマスの時期では初めてのキャッスルプロジェクションということもあり、開催前から話題になっていましたね!

ギフト・オブ・クリスマスはミッキーをはじめとするディズニーの仲間たちによる「クリスマスの贈り物」をテーマにした今までにないストーリーのショー。

過去最大規模のキャラクター数がシンデレラ数に映し出されていく様は、圧巻の一言。

今回はそんなディズニー・ギフト・オブ・クリスマスの魅力を基本情報、各シーンの見どころ、おすすめの観賞場所に至るまで徹底検証いたします!

ディズニー・ギフト・オブ・クリスマスの基本情報

  • 場所:シンデレラ城(キャッスル・フォアコート)
  • 公演時間:約15分
  • 1日2回公演

全席自由席で、抽選エリアはなし

ワンスでは、鑑賞エリアでショーを観るためには抽選での座席指定券が必要でしたが、今回は抽選はないようです。

好きな席で鑑賞をすることが可能です!

ショーの見どころを徹底解説

テーマは「贈り物」

今回のキャッスルプロジェクションのテーマはミッキーの仲間たちからの「贈り物」がテーマです。

まずは、クリスマスの温かさがたっぷりと伝わる音楽と映像で、シンデレラ城が光輝き、ショーがスタート。ワンスの時とは違い、壮大さよりも、きらめきや繊細さが目立つ映像と、心に響く音楽で、スタートからウルウルとしてしまいそう。

まずは、クリスマスの飾りつけをしているミッキーとプルートの元に、ドナルドがやってきます。その後も次々にミッキーの元にプレゼントを持ってくるミッキーの仲間たち。

その1つ1つのプレゼントごとに、テーマが異なっているのがこのショーの最大の特徴です。

圧巻のキャラクター登場数

ディズニーの仲間たちからの贈り物のテーマに合わせて、ディズニー映画のキャラクターたちが登場するのですが、その数といったら、恐らく世界のディズニーパークで上映をしてきたキャッスルプロジェクションの中でも最大なのではないでしょうか。

とにかく次から次へとキャラクターが登場しては消え、一瞬でも目を離すともう違うキャラクターに変わっています。しっかりと目を見開いて見逃さないようにしてくださいね!

クリスマスの装飾が施されたシンデレラ城

ショーの途中、シンデレラ城の形に合わせて、クリスマスの装飾が施されるシーンがあり、そのシーンはとても幻想的。

シンデレラ城全体がマッピングされており、こんなシンデレラ城を観ることができるなんて、現代の技術に感謝ですね。

それぞれのテーマと出演キャラクター

1, ドナルドのテーマは「仲間」

まずは、クリスマスの飾りつけをしているミッキーとプルートの元に、ドナルドがやってきます。ドナルドのテーマは「仲間」。

プレゼントを開けると、ティンカーベルとその仲間たちがシンデレラ城の周りを飛び回り、バンビやとんすけが楽しそうにシンデレラ城を駆け巡ります。

ミッキーやグーフィーたちはスキーやスケートなどそれぞれの冬を楽しみ、プーさんとその仲間たちも雪遊びを楽しみます。

アナとエルサは雪だるま作りで遊び、オラフも登場。

花火とともにこの贈り物は終了します。曲は終始、「楽しさ」を感じるような音楽になっています!

2, デイジーの贈り物は「ロマンス」

ミッキーの元にやってきたデイジーは、ミッキーへの挨拶も早々に、先にミッキーの元へ来ていたドナルドへキスをします。

そのキスから、シンデレラ城がハートに染まり、白雪姫、オーロラ、シンデレラ、アリエル、ベル、レディー、ジャスミンが、それぞれの王子と次々に登場。

ダンスをしたり、キスをしたりしながら、ロマンティックな映像が繰り広げられます。

プリンセスに合わせて、背景ももちろんそれぞれのお城に。

「ホワイトクリスマス」の音楽にのせて、うっとりとシンデレラ城を見入ってしまいます。

3, チップとデールの贈り物は「くるみ割り人形」

くるみ割り人形の曲に合わせて、トイストーリーの仲間たちがおもちゃの世界のクリスマスを面白く繰り広げます。

エイリアンやレックス、ウッディ―やブルズアイ、スリンキーなどお馴染みのキャラクターがシンデレラ城を所狭しと駆け巡ります。

4, ミニーの贈り物は「家族」

天からの贈り物である「こども」ではターザン、父と息子の愛ではライオンキングのシンバとムファサや、マリーンとニモ。両親と娘ではズートピアのジュディなどが登場。

その他、ピーターパン、ダンボ、バンビ、トイストーリー、カールじいさん、ピノキオ、ヘラクレス、アナとエルサなど、家族をテーマに次々とキャラクターが映し出されます。

音楽は「have yourself a merry little christmas」で感動を誘います。

5, グーフィーからのプレゼントは「シンデレラ城への装飾」

全体では一番盛り上がるパートです。

グーフィーがシンデレラ城にクリスマスの飾りつけをしようと、ハチャメチャな行動に。

ライトやレーザーがあちらこちらでピカピカと!カラフルに染まるシンデレラ城は今にないくらいポップでキュートです。

配線に失敗したグーフィーは、全ての電気を消してしまします。

「柊かざろう」の音楽にのせて。

6, ティンカーベルやミッキーからはゲストのみんなへのプレゼント

シンデレラ城全体が大きなクリスマスツリーとなり、それぞれのテーマを振り返ります。

「家族や友達と過ごすことが一番素敵なこと」というミッキーの声と同時に、3秒ずつごとくらいの間隔で次々にキャラクターが登場。

最後にはミッキーたちから、ゲストのみんなへプレゼントとして素敵な映像や花火とともにフィナーレを迎えます。

オススメの鑑賞場所

      

※②は車いすエリア

キャラクターをしっかり観たい場合

先に紹介をしたように、今回のショーはキャラクターの映像の入れ替えがとても早いかつ、あまり大きくないため、なるべくシンデレラ城に近づいて観ることをオススメします。

上の図の番号でいうと、①と③がオススメです。

①は座り見のエリアになるため、かなりの争奪戦になることが予想されます。開始2時間前くらいから待てる様であればこちらのエリアを取りましょう。ただし、シンデレラ城からかなり近い席になりますので、首が少し痛くなる可能性があります。

③は立ち見席です。開始直前までは座って待ちますが、鑑賞自体は立ち見となります。なるべく前の方の席が取れる場合はこちらをオススメしますが、前の人の背の高さが立ってみないとわからないというリスクがある席です。前が子供の場合や、明らかに背が小さそうという方の後ろを取れそうな場合は、オススメ。特に写真を撮りたい方には、この席からであればキャラクターをしかっり見ることができるかつ、全体をキレイに写すことができます。

この記事の写真も③エリアの立ち見、2列目から撮影しています。

全体を観たい場合

⑤、⑥、⑦が全体を観ることができるエリアになります。

⑤から順番に席が埋まっていくことが多いですが、見やすさ自体はそこまで大きな違いがないかと思います。

⑤エリアはシンデレラ城からは比較的近い席になりますがは開始直前になると、混雑で前にも後ろにも動くことがきないことが多いため、③エリアと同様、前の人の背が高い場合や携帯電話での撮影で手を挙げたりする人が前にいる場合、とても観にくくなってしまう可能性があります。また、前の方はかなりの混雑が予想されます。

オススメは⑦のエリア。こちらは比較的混雑がないエリアです。パートナーズよりもワールドバザール側ということで、鑑賞できるエリアが広いため、ギューギュー詰めにもならず、自分で観やすい席を探して移動することが可能。また、ショー全体を観るには、視界も開けているため、とても観やすいです。

どのくらい前から待つべき?

このショーは1日2回公演で、1回目の方が確実に混雑します。

開始時間帯が ①17時台~ ②21時台~ ということで、2回目の方はかなり遅めの時間であること、夜になるにつれ寒さがどんどんきつくなることなどが理由です。

そのため時間に余裕があり、寒さ対策をしっかりしてきている場合は2回目公演を狙っていくことをオススメします。待ち時間がかなり短縮されるでしょう。

1回目公演の場合、どのくらいの時間で席がいっぱいになってしまうかを、大体の目安でお伝えいたします。

  • エリア① 1時間半~2時間前
  • エリア② (車いす席)
  • エリア③ 1時間前
  • エリア④ 30分前
  • エリア⑤ 30分前
  • エリア⑥ 30分前
  • エリア⑦ 15分前

どのエリアで観たいかにより、早めに行動をしましょう!

その他の注意点

何といっても防寒対策

ギフトオブクリスマスを観るにあたって、最も気を付けたいことの1つは防寒対策。夜の舞浜は、海が近いこともありとにかく寒い!!

ホッカイロ、手袋、厚手の靴下、帽子(or 耳あて)、ひざ掛け、は必須です。間違っても生足などで行かないでください。感動よりも寒さの方を感じてしまい、せっかくの素晴らしいショーに集中ができません。

写真? or 動画?

写真か動画かどちらかを撮りたいけどどちらかしか撮れない、といった場合は、動画をオススメします。

理由は、キャラクターが入れ替わり過ぎて、写真に全てのシーンを収めるのはとても不可能だからです。キャラクターをピンポイントで狙って写真に収めるのも難しいでしょう。

また、グーフィーが、シンデレラ城に飾りつけをしているシーンなどは、光が沢山出ますので、写真であると白くなってしまう可能性が高いです。

さいごに

いかがでしたでしょうか。ディズニー・ギフト・オブ・クリスマスの魅力、お分かりいただけましたでしょうか!

今回、初めてのクリスマスのキャッスルプロジェクションということや、今後継続して行われるかなどの情報もないため、かなりのゲストがこのショーを目当てに来園することが予想されます。

事前にしっかり準備をして、是非素敵なクリスマスの夜を過ごしてくださいね!