新着投稿

本日よく読まれている記事

よく読まれている混雑予想

【購入方法と種類まとめ】ディズニーパークチケットを徹底比較!おすすめの買い方を紹介。

豊富な種類があるディズニー・パークチケットは使い分けが肝心!変更できる方がお得?

TDRへ向かうには絶対に欠かせないパークチケット

その種類も今では豊富に用意されていて、いつ行きたいか、誰と行きたいか、そんな予定に合わせてチケットを変更できるように工夫されています。

ただ、その種類が多くなってきていて、どれを買えばいいのかわからない・・・という方も多いはず。

そこで今回は、パークチケットの購入方法パークチケットの種類についてまとめて紹介していきたいと思います!

出典:ディズニー公式チケット販売サイト

出典:Instagram

パークチケットの代表的な購入方法は3つ!

パークチケット その2
©Disney

まずはチケットを購入する代表的な方法を紹介していきます。

それぞれの方法には長所と短所があります。

①ネットで購入し、自宅の白紙に印刷する「ディズニーeチケット」

この方法は特に購入方法が簡単で、自宅にプリンターとA4サイズの用紙さえあればいつでもチケットを手に入れることができます。

日付指定して購入することもできるので、当日入園規制がかかっていても確実に入園できます。

またもし日付をずらしたい場合は、簡単にオンラインで変更できるため、使い勝手が本当によいです。

デメリットはほとんどありませんので、オススメの方法でしょう。あえて挙げるなら、支払い方法がクレジットカード払いのみ、プリンターが必要とうことでしょうか。

現金引換等はもちろん使えませんから、クレジットカードを手元に用意して購入処理をする必要があります。

また、オンライン変更などの操作も、手馴れていないと迷ってしまう場合もあります。慣れてない方は、誰かに教えてもらいましょう。

ディズニーeチケット/配送チケットの販売サイト

②ネットで購入し、自宅にチケットを送ってもらう「配送チケット」

先ほどと同じサイトで、「配送チケット」も購入することができます。

eチケット同様、ネットで注文することで購入できます。

ただしこちらはeチケットと異なり、配送用限定デザインのチケットが送られてきます。コレクターの方なら使用済みの配送チケットを取っておく、というのよいかもしれませんね。

ただしこちらはその分デメリットもあります。

  • 配送料が全国一律390円であること
  • 入園1週間前までに注文する必要があること
  • TDRの窓口以外で日付の変更ができないこと

など、いろいろ制約があります。

特に日付の変更が現地でないとできないのは大きなデメリットでしょう。「確実にこの日に行く!」という確固した予定があればこちらを買うのもいいかもしれませんね。

またこちらも、クレジットカード限定の支払いとなります。

ディズニーeチケット/配送チケットの販売サイト

③コンビニ等の店舗端末で購入し利用する「コンビニチケット」

最後に紹介するのはコンビニで購入する方法です。こちらはクレジットカードなど必要なものがないので、学生が特に使いやすい手段かもしれません。

ローソン、セブンイレブン、ファミリーマートその他もろもろのコンビニには店舗端末(Loppi、コピー機等)があります。それらの機械を操作して、注文用紙を出し、レジで提示して発券してもらう商品です。

見た目は味気ないですが、「見た目は気にしない」という方ならよいでしょう。

また最大の特徴として、支払い方法が選べることです。クレジットカードだけでなく、現金や、SUICA・PASMOなどの電子マネー各種を使うこともできますので、選択の幅が広がります。

「1日楽しめる」パークチケットの種類について

首都圏ウィークデーパスポート その1

ⒸDisney

今度は、現在発売されているパークチケットの種類についてまとめていきたいと思います。ここで紹介するのは、先ほどの①「ディズニーeチケット」や②「配送チケット」で購入できる内容が多いです。コンビニでは内容が狭められますのでご注意ください。

●<1デーパスポート>
大人―7,400円
中人―6,400円
小人―4,800円

一般的なパークチケットといえばこれ。

TDL、TDSのどちらかを1日楽しむことが出来るチケットです。このチケットを使って互いのパークを行き来することはできません。一度どちらかに入園すると片方はロックされるので注意しましょう。

●<シニアパスポート>
シニアー6700円

65才以上の人が購入できるチケットです。

内容は「1デーパスポート」と変わりありません。通常の大人の値段より少し安くなっています。ご家族でパークインする際は、それぞれのチケットを分けるとお得になりますよ。

●<ギフトパスポート>
大人―7,400円
中人―6,400円
小人―4,800円

内容は「1デーパスポート」と同じですが、チケットの面に好きなメッセージを印字して大切な人へ送れる、ちょっと特別なチケットです。オンライン限定商品ですので、パークインする日付に気をつけて購入しましょう。

●<アフター6パスポート>―平日の午後6時以降
全年齢一律―4200円

こちらは、平日の午後6時以降に入園することができるパークチケットです。

全年齢一律の料金ですのでご注意ください。「夜のパレードだけ見たいな・・・」「家族と待ち合わせしているの!」という方はこちらを使うとお得になります(午後6時以降になると、入口で販売されるチケットは自動的にこちらになります)。

●<スターライトパスポート>―土日祝日の午後3時以降
大人―5,400
中人―4,700
小人―3,500

アフター6パスポートと似ていますが、こちらは土日祝日限定のチケットで、午後3時以降になると入園できるチケットになります。オンラインでは入園する日付を指定できますが、コンビニ等で「オープンチケット」を選択すると、入園制限時に入園できなくなります。特に休日ですから、予定を立てて購入しておきましょう。

これら以外にも、複数日に入園することができる「マルチデー・パスポート」、25人以上で入園するときに最適な「団体パスポート」、1年間を通して自由に出入りが可能になる「年間パスポート」など、さまざまな種類が用意されています。それぞれの予定に合わせて、チケットの購入をご検討下さい。

買い時を見極めろ!「期間限定チケット」

首都圏ウィークデーパスポート その2

ⒸDisney

ここからは値段のお話ではありませんが・・・皆さんは普段から1デーパスポート等を使っておられるかもしれませんが、もっとお得に楽しめるチケットがあるのをご存知ですか?

これは毎年1月~7月、大人と子供の両方に一律して訪れる千載一遇のチャンス!(言いすぎかもしれませんが)。

それはズバリ「春キャンパスポート」「首都圏ウィークデーパスポート」!

2017年3月からオトクな「首都圏ウィークデーパスポート」が発売決定!詳細をまとめて紹介
今年もオトクな季節がやってきました! 2017年度も「首都圏ウィークデーパスポート」の発売が決...

記事を読む

「春キャンパスポート」は学生さん限定、「首都圏ウィークデーパスポート」は首都圏在住・在勤・在学者限定ですが、お得にパークチケットをゲットできるチャンスです。

今年の春キャンは終わりますので、今の時期からでも「首都圏ウィークデーパスポート」」を購入しておくとすんなり入園できます。

特に「首都圏パスポート」が使えるのは、閑散期になる4月~6月の平日ですので、アトラクションもいつもより待ち時間少なめに楽しむことができます。是非一度、お試しくださいませ!